パルクレールジェルは使い方もとっても簡単

ニキビケアのために毎日使うコスメは、効果も大事ですが長く続けやすいというのも同じくらい大切なことです。毎回使用に時間がかかってしまう、使い方がややこしいといったものでは、どんなに良い製品であっても忙しい社会人の方などは継続が難しくなってしまいます。
また、商品についてわからないことや気になることができたときにも、すぐに確認できるようなサポート体制がしっかりと作られていることが望ましいです。使い方から不安なことなど、その商品に関することをすぐに確認できるようなサポートセンターがあれば使い勝手は格段に向上します。
パルクレールジェルの場合は、上記の2点、どちらにおいても心配は不要となっており、誰でも簡単に使い続けられるようになっているのです。

お得な定期便で49%OFFに

パルクレールジェルでは、お得なパルクレールジェル定期便パックを取り扱っています。こちらは、通常価格よりも非常にお得で、49%OFF、更に送料無料で購入することができます。もし、パルクレールジェルと相性が良く継続して利用する気持ちがあるのでしたら、単品で注文するよりも定期便パックを利用するほうが遥かにお得になります。

シミを作らない・増やさない今から始める集中美白ケア

紫外線が一番強い季節っていつだと思いますか? ほとんどの方が夏をイメージすると思います。 しかし、ここ最近のニュースでご存知だと思いますが、温暖化が進み、紫外線からお肌を守ってくれているオゾン層が少しずつ破壊されつつあり ...

あなたの肌は大丈夫?夏に起こりやすい肌トラブルと対策方法

毎度こんにちは!
美容鍼の東京 白山はりきゅう整骨院デンです。

夏の肌に影響を与えるのは、「紫外線」「冷房」「汗」です!

夏に肌が荒れやすくなる原因とあなたの肌環境を知り、しっかりと対策をしていきましょう。

敵を知り、己を知らば、百選危うからずです。

夏に起こりやすい肌トラブルとその対策をご紹介します!
300x250

夏に起こりやすい肌トラブル

日焼け、シミ、くすみ、光老化、乾燥、汗や皮脂によるべたつき、テカリ、化粧崩れ、ニキビ、インナードライ、むくみ、あせも
白山はりきゅう整骨院 院長
夏は肌の歳のとりやすい季節なんて言われますよね。

ふみちゃん
夏は好きだけど、年は取りたくないし日焼けしたくないです
白山はりきゅう整骨院 院長
ですね。きちんと夏には夏の肌対策を!

夏の肌はインナードライ

夏は肌の乾燥する季節です。湿度が高い夏になぜ肌が乾燥するのでしょうか?

それは、「気づかない間に肌のうるおいが奪われる」から。

夏はじめじめして湿度も高いし、汗もかくし、潤っているだろうと思いがちですが、そこできちんとケアをしないと気づかない間に肌トラブルを引き起こしてしまいます。

肌の潤いを守るバリア機能である角層が、紫外線や、多量の汗、クーラーの乾燥、室内と外の温度差によるストレスなどによって壊されてしまい、肌内の水分はどんどん奪われてしまいます。

冷房

pixta_18270727_M
夏にエアコンをつけたまま寝てしまい、翌日のどを痛めた経験はありませんか?

冷房の効いた部屋は、冬並みに湿度が低いです。涼しいからとそんな環境にずっといたら肌は乾燥してしまいます。

会社や学校、車、電車、お店いろんなところで肌乾燥を引き起こしやすいのです。

また、汗をかいた後は、エアコンの冷風で汗の蒸発と一緒に、皮脂やその奥の肌の水分まで飛んでしまいます。

汗をかいて、顔や身体を洗いすぎる

pixta_24275518_M
夏は汗や脂のベタベタが気になって、テカリを抑えるために1日に何度も洗顔をする人が多いです。

ですが、洗顔しすぎることで、必要な水分や皮脂などの潤い成分まで洗い流してしまい、肌が乾燥します。

洗顔料を使うのは、1日多くても朝晩2回までです。

汗を拭き過ぎる

pixta_30396248_M
何度も汗をハンカチやタオルでふき取ることで摩擦により肌の角質層を傷めつけていきます。

これによりさらに肌の乾燥が進んでしまいます。

柔らかいタオルやハンカチでやさしくふき取るようにしましょう。

夏の強い紫外線

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s-580x435
夏の強烈な紫外線は、肌の奥の真皮層まで届き、肌の潤いや弾力を保つコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

スポーツをしている方や、お子さんと遊びにいくお母さんたちなんかは外に長時間出かけることも多く大変ですよね。

紫外線はシミやくすみ、しわを引き起こす原因にもなります。

紫外線による肌トラブルについては関連記事をご覧ください。
【関連記事はこちら】
【紫外線対策】夏の紫外線から肌ダメージを防ぐ4つのケア

夏にできやすいニキビの原因とニキビを減らす4つの対策

肌のシミの気になる方必見!紫外線によるシミの対策と解決法

夏の肌保湿ケアの基本

UV対策をしっかり行う

基本はUVケアです。日焼け止めを塗って、日傘やサングラスなどの日よけグッズでできるだけ直接紫外線が当たるのを避けるようにしましょう。

冷房の風も直接当たらないようにするなど、日頃意識することも大切です。

➀落とす

pixta_18090384_M
日焼け止めなどを多量に塗ったあとは、1日のおわりにクレンジングでしっかり落としましょう。

皮脂が残っていると、酸化して肌ダメージを引き起こしてしまうので、皮脂も残らないように洗い流してください。

➁保湿する

pixta_18955217_M
紫外線やエアコン、洗顔によって肌の水分は奪われてしまっています。なので洗顔のあとは化粧水で潤してください。日焼けした後なんかは特に肌はカラカラの状態なので、いつもより多めにたっぷりとつけてあげましょう。美白タイプの美容液なども活用しましょう。

➂ふたをする

pixta_9152779_M
化粧水をたっぷりつけたあとは乳液などでしっかりふたをしてあげます。せっかく潤しても、バリア機能の低下によって水分が奪われてしまわないようにしましょう。

日焼け止めは肌に悪い?

ところで肌ケアをとくに意識するひとは、日焼け止めも肌に良くないんじゃないか、と心配になってしまいますよね。

結論から言えば、塗った方がいいです。

夏に限らず、一年を通して紫外線は降り注いでいるので一年中塗った方が紫外線による肌のダメージを防ぐことはできます。

日焼け止めが肌の負担になって肌トラブルを引き起こすということはあります。

外出時には適切な方法で日焼け止めを塗るようにしましょう。

まず、肌の弱い人や肌の負担が気になる人は、PA値やSPF値の低いものを選びましょう。

PA++、SPF20もあれば十分です。強いものをずっとつけるより、値の低いものでもこまめに塗りなおす方が効果的です。汗で流れ落ちるので、一日に何度か塗りなおすようにして、一日のおわりにはしっかり洗い流すようにしてください。

赤ちゃん用や敏感肌用のものもお勧めです。

夏の肌ダメージに美容鍼

美容鍼の仕組み
紫外線などで受けたダメージには鍼灸でケアするのがお勧めです。

皮膚が紫外線を浴びたままだと、シミになってしまいます。シミの原因となるメラニンを美容鍼で流してあげる必要があります。

鍼を刺すことで肌の代謝が上がって、新陳代謝を促進するので、紫外線でダメージを受けた肌の回復を早めます。

皮膚の血行を良くして、肌のターンオーバーを回復させる美容鍼は紫外線対策にばっちりです!

ふみちゃん
宣伝!?

白山はりきゅうのアキュスコープは肌ダメージに効果大

aqs
当院では微弱電流治療機器「アキュスコープ」を導入し、施術を行なっています。

患部に電流を与え刺激を与えることで血流をよくします。

電気治療の効果は抜群です!紫外線ダメージによるシミ、シワ、たるみを改善します。

鍼とこのアキュスコープを組み合わせて、あなたに合わせた最適な治療を行なっていきます。

夏の肌ダメージが気になる」とお困りの方、ぜひ一度体験してみてくださいね!

300x250

まとめ

夏は肌トラブルの起こしやすい季節です。
ひと夏すぎるごとに、気づかぬ合間に肌が老化していく、なんてことがないようにケアが大切です!

もし鍼やお灸の効果が気になる方は、お気軽に一度ご相談くださいね!
白山はりきゅう整骨院のデンでした〜!

どうして私の顔だけテカるの?ベタベタとした顔のテカリを抑える方法

pixta_31748964_M

☑毎日きちんと洗顔しているのに、顔のテカリが抑えられない。
☑鏡を見ると私の顔だけテカってる。
☑顔を触るとぺたぺたしてる。

朝、化粧をしているのに、夕方にはテカリが目立つ、などという方も多いのではないかと思います。

顔のテカリは、メイクも崩れて隠せるものでもないので困ってしまいますね。

今回は、そんな顔のテカリの原因と対策をご紹介します。
300x250

顔のテカリの原因はこれだ!

ふみちゃん
ややややや…なんでこんなに顔がテカってるのーーー!!
カタカタカタカタ

東京都10代学生
顔のテカリが気になって困っています。私だけでしょうか。顔はぺたぺたするし、毎日洗顔もきちんとしているのに改善されません。

白山はりきゅう整骨院 院長
大丈夫です!今すぐ対策を紹介します!

pixta_30396248_M
顔のテカリの一番の原因は「皮脂」。

皮脂は身体に必要な成分。
・水分と混じって皮脂膜をつくり、肌を保湿して刺激から守る。
・弱酸性で、雑菌の侵入や増殖も防ぐ。

ですが、皮脂が過剰に出ると、顔がテカってしまいます。

顔の部分によっても皮脂の出る量は違って、とくに多いのが、頭皮と「Tゾーン」といわれる顔の中心部分です。

顔のテカリが気になる人は、特におでこや鼻が気になる人が多いのではないでしょうか。

Tゾーンには、顔の他の箇所に比べると5~6倍の皮脂腺が存在しています。

どうして過剰に皮脂が出るのか?

では、どうして顔がテカるほどに皮脂が出るのでしょうか。

原因はさまざまですが、大きく分けると3つに分けられます。

  1. 生活習慣の乱れ
  2. 肌の乾燥による皮脂分泌
  3. 体質や年齢的なもの

1.生活習慣の乱れ

pixta_27967365_M
食生活や日頃の生活習慣が過剰な皮脂の分泌を引き起こします。

たとえば、「ストレス」「飲酒」「寝不足」「栄養バランスの乱れ」によって自律神経やホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが増加して皮脂が過剰にでてしまいいます。

また肉や揚げ物など脂っこいものや、チョコレートなどのお菓子を好んでよく食べる人は当然のことながら皮脂の分泌が多くなります。

一方でビタミンBには過剰な皮脂を抑える作用があるのでビタミン類を積極的に摂りましょう。
対策としては、➀睡眠をしっかりとる➁脂っこいものを控えて魚や野菜を多く摂る➂ストレスをためない よう意識しましょう。

ふみちゃん
ストレスをためない生活は難しいわ…

白山はりきゅう整骨院 院長
…。そうですね。

2.肌の乾燥による皮脂分泌

pixta_24047945_M
オイリー肌の人によくいわれるのは「肌が乾燥しているから」。

???なぜ?と思うかもしれませんが、肌が乾燥していると乾燥した肌を守ろうと過剰に皮脂を出してしまいます。

なのでその場合、むしろ化粧水や乳液をたっぷりつけて保湿をしっかりしてあげることで皮脂の分泌を抑えることになります。

白山はりきゅう整骨院 院長
夏場は、汗を良くかくので気づかないかもしれませんが、実はクーラーや紫外線によって肌内部が乾燥しているケースもあります。

ふみちゃん
だから夏は汗もかくし顔がテカりやすいんですね。

3.体質や年齢的なもの

Happy baby boy (18 month) sitting in chair at restaurant, natural light.
皮脂は年齢によってもその量が違います。
思春期の10代後半が最も分泌量が多く、女性は30代初め、男性は50代半ば頃~から少しずつ減少します。

またひとによって、「生まれつき皮脂腺の発達した」ひとなど体質によるものもあります。

洗顔や、さっぱり系の化粧水などでケアしてあげましょう。

化粧の前にテカリ予防!

pixta_30485847_M
夏場は特に、朝にしっかり対策したと思っても午後には顔がテカり始めて、化粧崩れしてしまう。。なんてことありませんか?

化粧前に冷やしてメイク崩れを防ぐ

朝、お湯で洗顔した後は、顔を一旦冷やしてあげるといいです。

暖かい状態の肌にメイクをすると、皮脂が溶けて、テカりやすくなってしまうので、化粧水などで保湿した後、保冷材や氷をタオルに巻いたもので一度顔を冷やしてあげると、毛穴が引き締まってテカるまでの時間を遅らせることができます。

むしろ逆効果!余計にテカるNG3つ

◆あぶら取り紙を頻繁に使う

顔がベタベタしているのと、どうしてもあぶら取り紙で皮脂をとろうとします。

確かに効果的なのですが、何度もやりすぎると逆に必要な皮脂もとりすぎてしまい、肌はもっと脂を出そうとしてしまいます。

◆顔を何度も洗う

また顔のテカリが気になる人は、何度も洗顔をしてさっぱりしようとします。
これもまた必要な皮脂をとりすぎることになります。多くても朝と夜の2回。

またスクラブ入りのものを使ったり、ごしごしと強く洗うと肌を傷つけてしまいます。

よく泡立ててやさしく洗ってあげましょう。

◆保湿をあまりしない

肌が脂っぽいからと、化粧水をちょろっと適当に着けたり、保湿クリームを使わないという人も多いでしょう。

ですが、脂っぽい肌の人ほど、きちんと保湿をしてあげるとよいです。

肌がきちんと潤うことで、余分に皮脂を出しすぎることを抑えてくれます。

とくに乾燥しがちな冬に限らず、春や夏も紫外線やクーラーによって肌は乾燥しがちです。
1年中肌は保湿を心掛けてあげましょう。

顔のテカリと肌トラブルを防ごう!

ingredients for cooking pasta on a stone background, top view. Flat lay copy space

皮脂の分泌による肌トラブルって?

皮脂は時間が経つと酸化する

顔の上の皮脂は時間が経つと、酸化してしまいます。
酸化した皮脂は「過酸化脂質」と呼ばれる物質になって毛穴の開きを促進してしまいます。

そうして肌がダメージをつけて老化の原因にもなります。

一日のおわりや朝起きた後はきちんと洗顔をして、過酸化脂質を洗い流すようにしましょう。

毛穴のつまりでニキビの原因にも

また皮脂が毛穴につまるとニキビの原因にもなります。

皮脂トラブルになやまされるひとはニキビに悩まされることも多いです。

美容鍼で肌トラブルを改善!

白山はりきゅう整骨院 院長
肌トラブルで悩んだときは美容鍼もおすすめ!

ふみちゃん
なんと!

美容鍼の仕組み

美容鍼には次の効果があります。

  • シミ・たるみ・シワの改善
  • 小顔効果
  • ニキビの改善
  • 鍼を肌に打つことで、体は自己以外の異物が侵入したものとして活動を始め、免疫力や自己回復力を高めます。

    鍼によって肌の機能を調整して、皮脂腺の過剰な分泌を抑えます。

    鍼の効果をアピールすると、なんだかうさん臭い感じになりますが、WHOなど世界的医療機関にも効果が認められている治療方法なんですよ。

    アキュスコープで肌トラブルを改善

    aqs
    当院では微弱電流治療機器「アキュスコープ」を導入し、施術を行なっています。

    体内に電気を流すことで、体内に流れる電流に適合して、自己回復力を高めます。

    鍼とこのアキュスコープを組み合わせて、あなたに合わせた最適な治療を行なっていきます。

    300x250

    まとめ

    顔のテカリの原因について紹介しました。

    夏場も冬に限らず乾燥しやすい季節ですので、きちんと保湿してあげましょう。

    いろいろ対策を打ってみても改善しない、ほんとうに気になる人は一度医者に診てもらうといいと思います。

    もしテカリだけじゃなく肌トラブルでお悩みの方は、お気軽に一度ご相談くださいね!
    白山はりきゅう整骨院のデンでした〜!

    肌のシミの気になる方必見!紫外線によるシミの対策と解決法

    紫外線の強くなってきた季節に気になるのが、シミやくすみですよね。

    特に歳を重ねるごとにできやすくなってくるシミ。
    いつまでも綺麗で若々しくいるためにもなんとか作りたくないですよね、

    メイクで隠すのも大変なので、美白ケアを行っている女性も多いのではないでしょうか。
    そんなシミを作らないための対策方法と、シミが気になる方への改善方法をご紹介します。

    300x250

    シミができる仕組みを知ろう

    ふみちゃん
    シミってどうしてできるの
    でしょう?

    白山はりきゅう整骨院 院長
    紫外線を受けた肌はメラニンというものをつくって肌を守ろうとします。そのメラニン色素が肌に沈着するとシミになります!

    ◆シミの正体はメラニン

    シミができる原因の一番は紫外線によるものです。

    紫外線はUVA(A紫外線)UVB(B紫外線)UVC(C紫外線)に分けることができます。UV-Cはオゾン層に吸収されて地表には届きませんが、UVAとUVBを私たちは浴びています。

    pixta_27371026_M

    UVAは肌の奥にある真皮に届いて、コラーゲンやエラスチンなど肌のハリや弾力をつくる組織を破壊して、シワなど老化の原因になります。

    一方UVBは肌表面に刺激を与え、赤身などの炎症を引き起こします。またメラニンを生成するメラノサイトを活性化させるのでメラニン色素を作り出します。

    ◆どうしてメラニンってできるの?

    では、なぜシミの原因となるメラニンは作られるのでしょう。実は、メラニンには紫外線から肌を守るという大切な役割があります。

    メラノサイトから放出されて表皮細胞に入り込んだメラニン色素は、肌に入ってきた紫外線を吸収します。

    紫外線による炎症を防止し、細胞が痛むのを防ぎます。

    ◆1度できたメラニンは消えないの?

    pixta_22622999_M
    シミは、そんなメラニン色素が沈着することでできます。

    では、メラニン色素は1度できると消えないのでしょうか。

    通常、メラニン色素は、肌のターンオーバーによって剥がれ落ちるのでシミはできません。

    ターンオーバーとは新しく肌が生まれ変わることです。通常人の肌は28日前後の周期で新陳代謝によって新しくなります。

    しかし、肌のダメージや老化によってターンオーバーがしっかり行われないことで、シミになってしまいます。

    また、紫外線をたくさん浴びすぎると、メラノサイトが異常を起こしてメラニン色素が大量に生成されて、ターンオーバーで排出しきれずに、皮膚内に残ってしまいます。

    シミを防ぐには紫外線を防ぐことから!

    bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
    若いうちなら新陳代謝が活発なので、肌のターンオーバーによってメラニンは消えるのですが、
    日焼けのダメージを受けたり、老化によって肌のターンオーバーが遅れてシミになりやすくなります。

    なので日頃から紫外線対策をして、できるだけ紫外線が直接肌に当たらないように気を付けましょう!

    白山はりきゅう整骨院 院長
    シミが出てくるかどうかはその後のケアも肝心ですよ!
    ふみちゃん
    いや~シミだらけになんてなりたくないわ!

    日焼け止めや日避けグッズを活用

    紫外線防止には、やはり日焼け止めが肝心です!

    日焼け止めの効果を得るために、適量を2~3時間ごとに塗りなおすといいです。

    また、日焼け止めにはSPFやPAなどの表示があるとおもいます。高ければ高いほどいいと思ってしまいがちですが、効果が高い分肌への負担も大きいです。

    肌荒れが気になる方は、敏感肌用のものを使用したり、PF15~20、PA+~++程度のものを選んで、1日に何度か塗りなおす方が効果的です。

    また、日傘、帽子、サングラス、長袖などで肌を覆うのもやっぱり効果的です。

    SPFとPA+ってなに?

    ・SPF サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)
    主にUVBの防止効果を表す目安。数字が大きいほど効果が高くなります。肌が赤くなるのを防ぎます。

    ・PA プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)
    UVAの防止効果を表す目安。+が多いほど効果が高くなっています。シミなどの肌の黒ずみを防ぎます。

    ケアを大切に

    シミやくすみを残さないためにも、紫外線をいっぱい受けてしまったな、日焼けしたなって思った後にはしっかりケアをしてあげましょう。

    日焼けによって肌が炎症を起こしたままにしておくと肌のダメージを悪化させてしまいます。

    1. 日焼け後はしっかり冷やす
    2. ビタミンやタンパク質など肌を作るための栄養をしっかりとる
    3. 睡眠をしっかりとる
    4. 保湿をしっかり行う

    生活習慣の乱れや、偏った食生活、ストレスは肌のターンオーバーを遅らせる原因にもなりますので、これらのケアで早めに回復するために、新陳代謝を促しましょう。

    目から紫外線でシミになる?

    Happy baby boy (18 month) sitting in chair at restaurant, natural light.
    紫外線が目から入ると、日焼け止めを塗ってても紫外線になるってご存知ですか?

    といっても2003年の大阪市立大学で研究されたようなのですが、マウスの目に紫外線を当てると目以外の肌の部分でシミの元となるメラニンが増えたようなのです。

    つまり、目に紫外線が当たると、脳が目のダメージに反応して「メラニンを作れ」と命令し、肌がメラニンを作り出します。
    結果として、肌を紫外線から防御していても肌が黒くなってシミやそばかすの原因となるようです。

    人も同じようになるかはわかりませんが、紫外線は目に良くないのは確かです。
    白内障など病気の原因にもなります。

    日差しが強いときはUVカットサングラスをかけて保護するといいでしょう!

    肌のターンオーバーを高めてシミをなくそう

    何度も述べましたが、シミを防ぐにはきちんと肌が正常にターンオーバーを行って、メラニン色素が溜まらないようにしてあげることが大切です。

    またすでにシミが気になるというかたもこれ以上増やさないためにしっかり対策を行いましょう。
    ですが、化粧水や美容液でもなかなかシミが改善されないということでお悩みの方もいるでしょう。

    シミやくすみでお悩みの方には美容鍼もおすすめ!

    pixta_8476692_M
    美容鍼には次の効果があります。

    • シミ・たるみ・シワの改善
    • 小顔効果
    • ニキビの改善

    鍼を肌に打つことで、体は自己以外の異物が侵入したものとして活動を始め、免疫力や自己回復力を高めます。

    美容鍼は、気になるシミ・くすみの局所やまわりに鍼を刺すことでで、滞った血流の流れを良くします。
    血流をよくすることで、新陳代謝を促し、肌のターンオーバーを高めるのでシミやくすみを改善できます。

    アキュスコープでシミ・くすみを改善

    aqs
    当院では微弱電流治療機器「アキュスコープ」を導入し、施術を行なっています。

    体内に電気を流すことで、体内に流れる電流に適合して、自己回復力を高めます。

    シミの原因には肌の老化やストレスも関係するので、アキュスコープによって解消しましょう。

    鍼とこのアキュスコープを組み合わせて、あなたに合わせた最適な治療を行なっていきます。

    300x250

    まとめ

    紫外線は身体に必要なものなんです。
    ビタミンDを生成し、血行促進や新陳代謝の促進、免疫力を高めたりしてくれます。

    白山はりきゅう整骨院 院長
    1日にハガキ1枚分の面積の皮膚に10分間浴びれば必要なビタミンDはつくられるみたいですね。

    ふみちゃん
    へ~

    一方で美容の大敵

    シミ・くすみやしわをつくらないためにも徹底的に対策していきましょう!

    もし鍼やお灸の効果が気になる方は、お気軽に一度ご相談くださいね!
    白山はりきゅう整骨院のデンでした〜!

    【紫外線対策】夏の紫外線から肌ダメージを防ぐ4つのケア

    毎度こんにちは!
    美容鍼の東京 白山はりきゅう整骨院デンです。

    夏の美容で気になるのは、やっぱり日焼けや紫外線ですよね。

    紫外線を浴び続けると、シミやシワ、たるみの原因にもなるのでしっかり対策を行いたいところです。

    夏の紫外線を徹底的に予防して、美肌を目指しましょう!

    300x250

    そもそも紫外線って?

    紫外線とは、地球に降り注ぐ太陽光線の一種です。
    紫外線にも3種類あって、UVA(A紫外線)UVB(B紫外線)UVC(C紫外線)に分けることができます。UV-Cはオゾン層に吸収されて地表には届きませんが、UVAとUVBを私たちは浴びています。
    pixta_31078427_M
    紫外線は日やけやシミ、肌老化の原因にもなっています。

    さらに、最近ではガンなどの病気にも関係していることが分かっており、紫外線対策は徹底的に行いたいところです。

    ふみちゃん
    紫外線が1番強いのが5月って本当ですか?
    白山はりきゅう整骨院 院長
    そうなんです!紫外線対策は春のうちから始めるべき!曇りの日も実は晴れの日の半分以上の紫外線を受けています!

    紫外線を予防しよう!

    maldives_beach_summer_wallpaper_1920x1080
    夏は外に出かけることも多いですよね!

    日焼けしてしまう前にしっかり紫外線対策することが大切です!

    日焼け止めを塗る!

    ふみちゃん
    日焼け止めって塗っても焼けちゃうんですよ~

    白山はりきゅう整骨院 院長
    そうですね、汗などで落ちてしまいますし、2~3時間ごとに塗りなおすと効果的ですよ!

    日焼け止めの効果的な塗り方は?

    1. はじめに適量を手にとり、額、両頬、あご、鼻におきます。
    2. やさしく顔全体になじませてから、もう一度重ね塗りしましょう。
    3. 首や腕、足にも同様に円を描くように下から上に向かって塗るようにしましょう。

    「白浮きしないこと」、「みずみずしいテクスチャー」、「通常のクレンジングで落とせる」

    SPFとPA+ってなに?

    ・SPF サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)
    主にUVBの防止効果を表す目安。数字が大きいほど効果が高くなります。肌が赤くなるのを防ぎます。

    ・PA プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)
    UVAの防止効果を表す目安。+が多いほど効果が高くなっています。シミなどの肌の黒ずみを防ぎます。

    数値が高いほど肌への負担も大きいので、肌荒れが気になる方は「敏感肌用」を選んだり、数値の低いものを一日何度か塗るのがよいでしょう。

    日焼け防止グッズを使う!

    pixta_30273793_M
    日焼け止めだけでは防ぎきれない紫外線。髪の毛などの頭の部分や、目なども紫外線の影響を受けてしまいます。
    そんなときは日傘、帽子、サングラスを身に着けるのが良いです。

    とくに長時間目の角膜が紫外線を浴びると、脳が勘違いしてメラニンを多く作ってしまいます。このメラニンがシミの原因。

    なのでUVカット効果の高いサングラスで対策しましょう!実は目に受ける紫外線は白内障など病気の原因にもなるんです。

    紫外線対策をしないとどうなる?

    bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
    では紫外線対策を行わないとどうなるのでしょう。

    日焼け止めを塗り忘れて、夏の日差しを1日浴びたりすると、肌が真っ赤になったりしますよね!

    肌がやけどして炎症しているからです。

    紫外線を長時間浴びると、ほくろが増えたり、シワ、シミ、たるみができてしまいます。

    これを「光老化」といいますが、じつは紫外線は徐々に蓄積されて肌にダメージを与えます

    なのでしっかりケアしてあげることが大事なんです。

    紫外線の4つのセルフケア方法

    紫外線をいっぱい受けてしまったな、日焼けしたなって思った後にはしっかりケアをしてあげましょう。

    ケアをするかしないかでその後の肌に大きく違いが出てきます。

    1.冷やす

    pixta_28273811_M
    日焼けは火傷です。まずは冷やしましょう。

    冷たいシャワーを浴びたり、アイスなどを日焼けした箇所に当てて冷やすようにしましょう。

    2.保湿する

    %e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%81%ae%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%8d%bc%ef%bc%96
    ヒリヒリとした場合は、肌が乾燥しやすいので、化粧水をたっぷりつけ、乳液などでしっかり保湿するようにしましょう。

    化粧水がしみる場合は、軟膏を塗ってあげるのがいいです。あまりひどい場合、水ぶくれができたときには病院に行くようにしてください。

    3.水分補給

    水分補給
    火傷をした肌は水分不足の状態です。こまめに水分補給も忘れずにしましょう。

    4.栄養補給と睡眠

    blogue-alimentação-740x415
    日焼けをしたあとは肌も身体もダメージを受けてデリケートな状態です。しっかり栄養をとって早めに寝ることで回復させましょう。

    タンパク質

    タンパク質は肌を作るのに欠かせない成分です。

    ビタミンC

    メラニンの生成を抑える働きがあります。

    ビタミンE

    ビタミンCの働きを助けます。

    βカロチン

    紫外線により生まれる活性酸素を抑えます。

    紫外線ダメージに美容鍼

    美容鍼の仕組み
    紫外線で受けたダメージには鍼灸でケアするのがお勧めです。

    皮膚が紫外線を浴びたままだと、シミになってしまいます。シミの原因となるメラニンを美容鍼で流してあげる必要があります。

    鍼を刺すことで肌の代謝が上がって、新陳代謝を促進するので、紫外線でダメージを受けた肌の回復を早めます。

    皮膚の血行を良くして、肌のターンオーバーを回復させる美容鍼は紫外線対策にばっちりです!

    ふみちゃん
    宣伝!?

    白山はりきゅうではアキュスコープでの施術を行なっています

    aqs
    当院では微弱電流治療機器「アキュスコープ」を導入し、施術を行なっています。

    患部に電流を与え刺激を与えることで血流をよくします。

    電気治療の効果は抜群です!紫外線ダメージによるシミ、シワ、たるみを改善します。

    鍼とこのアキュスコープを組み合わせて、あなたに合わせた最適な治療を行なっていきます。

    紫外線が気になる」とお困りの方、ぜひ一度体験してみてくださいね!

    300x250

    まとめ

    夏の紫外線は美肌の天敵です。

    ですが、間違った紫外線対策を続けても、知らない間に肌はダメージを受けてしまいます。

    ⓵日焼け止めは正しく塗って、日よけグッズを活用する。

    ⓶日焼けの後は早めにケアをする
    3⃣困ったときは美容鍼で

    この3つで、今年の夏も健康的な美肌で過ごしましょう!

    もし鍼やお灸の効果が気になる方は、お気軽に一度ご相談くださいね!
    白山はりきゅう整骨院のデンでした〜!

    夏にできやすいニキビの原因とニキビを減らす4つの対策

    毎度こんにちは。

    美容鍼の東京白山はりきゅう整骨院デンです。

    夏は肌の露出が増えるので、ニキビや肌荒れしてる部分が気になりますよね。

    しかも夏にニキビができるとなかなか治りにくく、しかも炎症を起こしやすいです。

    どうして夏になるとニキビが出やすいのでしょうか。

    今回は、夏にニキビが悪化する原因と夏にむけてのニキビ対策をご紹介します!

    300x250

    夏にニキビができやすい原因って?

    images-4

    ふみちゃん
    夏だ!海だ!水着だ!
    …でも最近ニキビが増えた気がするんです。背中なんかもちょっと肌荒れを起こしてて。

    白山はりきゅう整骨院 院長
    夏になるとニキビが出やすくなりますよね。
    キーワードはズバリ「乾燥」です!

    ◆皮脂の分泌量が増えるため

    夏は、気温が上がり紫外線も増えるので、肌を保護するために皮脂の分泌量が増えます

    皮脂の分泌が多くなると、皮脂にほこりや雑菌がくっついて毛穴が詰まって炎症を起こしてしまいます。

    これがニキビの原因となるのですが、夏は特に皮脂が溜まりやすいのです。

    ◆汗で角質がはがれやすい

    汗そのものは、ほぼ水分でできているので直接ニキビの原因になるわけではありません、

    汗がしみ込むことで角質がはがれやすくなります。
    角質がどんどんはがれていくと、作られたばかりの新しい角質は、刺激に弱く敏感なため、炎症を起こしやすくなります。

    また新しくやせ細った角質の肌は固く、毛穴に汚れが溜まりやすくなります。

    ◆冷房による乾燥

    pixta_21374154_M
    夏は湿気も多くじめじめしていている一方で、非常に乾燥しやすい季節でもあります!

    その原因は「冷房」

    暑いからとずっと冷房の効いた部屋にいると肌が乾燥してしまいます。
    肌が乾燥すると、肌を守ろうと皮脂が過剰分泌します。

    つまり夏に皮脂が出る原因は汗をかくことだけじゃなく、夏の冷房による乾燥のせいでもあるんですね。

    ◆紫外線による乾燥

    また夏の強い紫外線も、肌に良くないのはご存知ですよね。
    その紫外線量は冬の5倍も

    紫外線は肌のバリア機能を破壊するので、肌の表面から、内部の水分が蒸発しやすくなります
    冷房と同じように乾燥して水分のなくなった肌は、ニキビをできやすくします。

    また、紫外線を受けると、肌で活性酸素が発生します。
    活性酸素は皮脂を酸化させて過酸化脂質にします。

    過酸化脂質により毛穴で炎症が起こり、ニキビが悪化することになります。

    夏のニキビを防ぐ4つの対策

    洗顔画像

    1.洗顔しすぎない!

    夏は汗をいっぱいかくので、さっぱりきれいにしようと過剰に洗顔してしまいがちです。

    皮脂がたまってニキビになるならしっかり落とさなきゃ!と思いますよね。

    ですが、過剰に洗顔しすぎると余計に乾燥したり、角質をはがして、炎症を引き起こしてしまいます。

    洗顔料を使うのは夜だけ、朝や気になるときははぬるま湯だけで洗うようにしましょう。

    また、夏はシャワーだけ!という人が多いですが、湯船につかって温めることで毛穴を開き、汚れを落としてあげることが大切です。

    お風呂にしっかり入って、やさしく洗ってあげるようにしましょう。

    2.保湿する

    0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_m
    夜シャワーを浴びたあと、朝の洗顔後も保湿をしっかり行うようにしてください。

    自分オイリー肌だからといって保湿はあまりしないというのはよくないです。

    顔の表面は皮脂で覆われていても、肌内部は水分が足りていない状態ということもあります。

    肌をきちんと保湿してあげることでバリア機能を正常化することで、皮脂が過剰に分泌するのを解消してくれます。

    あぶらとり紙で皮脂を摂りすぎない

    また、あぶらとり紙は、肌に必要な皮脂や水分まで落としてしまうので使わない方がいいです。

    顔の脂が気になる場合は、清潔なティッシュなどでそっとふき取るようにしましょう。
     

    3.日焼け止めを選ぶ

    shutterstock_114794266-1
    紫外線は肌の大きな天敵です。

    日焼け止めや日傘を活用してできるだけ紫外線を直接受け過ぎないように気を付けましょう。

    ですが、日焼け止めも選び方に気を付けましょう。

    日焼け止めには、SPFとPAの表示がありますよね。この数値が高ければ高いほど、効果は高いですが、肌への負担も大きいです。

    肌荒れの気になる方は、日焼け止めクリームはSPF10~20、PAの+の数は二つまで、あるいは敏感肌用の日焼け止めをこまめに塗るようにしましょう。

    4.栄養と睡眠をしっかりとる

    tyoukatu-eyecatch
    これは夏に限った話ではありませんが、ニキビ対策のためにしっかり栄養と睡眠をとるようにしましょう。

    夏場は特に夏バテで食べられなくなったり、暑くて寝苦しかったりするので、生活習慣を崩しやすいです。

    これらはストレスを引き起こす原因にもなるので、きちんと食事をとる、寝苦しい夜はクールアイテムを活用するなどして睡眠をとりましょう。

    ビタミンC、ビタミンEが効果的!

    ビタミンCやビタミンEなどは、紫外線によるダメージを修復してくれるので、日ごろビタミンを多く含む食材(フルーツや野菜など)を食べたり、サプリメントで補うようにするといいです。

    鍼灸治療で夏ニキビを消す

    pixta_8476692_M
    夏のニキビ対策には、鍼治療がおすすめです。

    一度できてしまったニキビは、保湿や紫外線ケアのためにどうしても肌を刺激してしまい、なかなか治りにくいですよね。

    鍼治療は一回受けるだけで、肌の赤みやしこりもだいぶ改善されます。

    夏で肌を露出するのに困っている方は、ぜひ一度鍼灸治療をうけてみることをおすすめします。

    アキュスコープで肌の炎症も解消

    IMG_1739

    ふみちゃん
    先生!アキュスコープって何ですか?

    白山はりきゅう整骨院 院長
    アキュスコープは、NASAで開発された、ケガやニキビ治療の最先端治療機器です!

    体の中には絶えず生体電流が流れており、新陳代謝が起こっていますが、肌荒れを起こしている方はそうした肌のバランスがうまく機能しなくなっているので治りも遅いんです。

    このアキュスコープは体の電流のバランスを瞬時に分析。
    それを整える最適な強さの電流を与え、新陳代謝を促進し、治りを早めることができるんです。

    鍼治療と合わせることで、治りにくかったニキビも格段に良くなりますよ!

    当院での事例

    スクリーンショット 2016-02-05 19.20.03
    施術回数は12回
    施術期間は3ヶ月
    最初の5回は週に1回の施術で、赤みが引いてきたので10~14日間に1度の施術を定期的に行いました!
    現在は肌質キープのため、3週間に1度のペースでご来院しております。

    300x250

    まとめ

    夏になると急にニキビが増えるのは、他の季節以上の「皮脂」と「乾燥」が原因です。

    なので、夏のニキビ対策で気を付けたいのは「保湿」です!
    できるだけ肌のダメージをさけ、皮脂がたまりにくい生活を心がけるようにしましょう。

    夏で肌を露出したいのにニキビが気になる、って方は鍼治療も考えてみてください。

    もし鍼やお灸の効果が気になる方は、お気軽に一度ご相談くださいね!
    白山はりきゅう整骨院のデンでした〜!

    【専門家監修】癖にならないための肉離れの治し方

    ふみちゃん
    肉離れは癖になりますか?

    白山はりきゅう整骨院 院長
    そうですね。きちんと治っていないうちに運動を再開することで肉離れを繰り返してしまう人が多いです。肉離れは「自分では治りの具合が分かりにくい」ですからね。

    こんにちは!
    白山はりきゅう整骨院のデンです!

    肉離れは1回起こると再発する、癖になりやすいといわれています。

    特にスポーツ選手でも、肉離れが再発したというニュースをときどき見たりしますよね。
    たしかにきちんと治療しないことで、癖になりやすくなりますが、しっかりと治療すれば肉離れは再発しません。

    そこで今回は肉離れの原因や再発しないための治療法をご紹介します。

    300x250

    肉離れとは

    pixta_2217072_M
    肉離れを起こすと、急に強い痛みを感じて、歩くことや患部を動かすことができなくなります。

    肉離れとは、筋肉が断裂してしまうことです
    。ふくらはぎやハムストリングス、前ももによく起こります。

    スポーツなどで、急に筋肉の収縮動作がおこなわれる(陸上でのスタートダッシュや、バレーボールでジャンプの瞬間、バーベルを持ち上げる)ときなど、瞬間的な動作の際に、筋力では耐えられないほどの強い収縮力が働いて、筋繊維が損傷します

    筋肉が損傷すると、内出血を起こし、ふとももが腫れたり痛みが生じます。内出血をそのままにしてしまうと、血腫として血が固まってしまい、血液の循環が滞ったりします。

    「くせになる」とは?

    Man having knee pain while exercising
    では、肉離れが「癖になる」とはどういう状態を指すのでしょう。

    ➀きちんと治りきっていないうちに運動を再開して患部がまた悪化してしまった
    ➁患部はくっついたが、ほかの周辺筋肉の筋力が低下した状態で運動し、別の箇所に再発

    筋肉は、細い筋繊維が寄り集まってできており、筋繊維の一部が切れることで起こります。治療のためにそこを修復しなければいけません。ですが、焦って治らないうちに運動を再開したり、適切な処置を行わないことで、何度も同じ箇所を負傷すると、元のしなやかな筋肉から、固く弾力性のない筋肉になってしまったり、うまく接合せず以前のように動かせなくなります。

    肉離れの段階

    肉離れを起こす際にも、段階のようなものがあり、初期の段階で治療を行えば、肉離れを起こしにくくできます。

    1.こむら返り

    いわゆる「足がつる」状態です。寝ているときやスポーツの最中に起こります。ごくたまに足がつる程度なら誰でも起こりうるのですが、頻繁に起こる方は気を付けましょう。

    2.肉離れ

    筋肉の急激な収縮によって、筋繊維や筋膜の一部が切れた状態です。軽度の場合は、自然治癒で治ることもありますが、悪化を起こさないために違和感を感じたら必ず病院で見てもらいましょう。
    肉離れの中でも第1度(軽度)/第2度(中度)/第3度(重度)と三段階に分けられます。

    3.筋断裂

    筋繊維ががっつり切れてしまった状態です。
    一部断裂なら自然治癒で治せますが、完全に切れてこうなると手術が必要になります。

    どんなときに肉離れを起こしやすい?

    肉離れは、筋肉が固くなって伸縮が上手く行われないときに起こりやすいです。

    • 身体の柔軟性が低下している
    • 運動による疲れが蓄積している
    • 足の筋力が落ちている
    • 肉離れを起こしたところが完治していない

    そのため運動前後にストレッチを十分に行ったり、お風呂に入って疲れをためないようにしましょう。

    肉離れの治療法

    pixta_26804172_M

    肉離れを起こした際の応急処置

    1. 安静にする
    2. 患部を冷やす

    肉離れを起こした際の応急処置としては、いわゆるRICE処置が一般的です。

    RICE処置とは、R(安静)I(冷却)C(圧迫)E(拳上)の手順のことで、あらゆる怪我の際に行われる処置法です。

    安静にして患部を冷やし、血流を抑えることで腫れや内出血を軽くします。

    痛みがあるときは温めずに冷やすこと。

    それから整形外科や整骨院へ行ってください。

    基本はサポーター、テーピングなどで患部を固定して自然治癒を待ちますが、圧迫や温熱処理によって組織の回復を促したりします。

    再発を起こさないために

    白山はりきゅう整骨院 院長
    肉離れは最初の治療が肝心なんです!初めての肉離れならきれいに筋繊維が元通りになるので再発しなくなります!

    ふみちゃん
    でも繰り返したり、放置したりすると?

    白山はりきゅう整骨院 院長
    筋繊維がほかの細胞とくっついたり、きれいにつかず、ますます再発しやすくなります。

    再発を起こす原因としては、やはり復帰するのが早すぎる、しっかり完治していない状態で運動を再開してしまうことが挙げられます。

    とくにプロの世界だと、肉離れを起こしてもどうしても休めない→無理をしてしまって症状が悪化して続けられなくなる、なんてことが起こります。

    歩けるから大丈夫、痛みが消えたから大丈夫と自分の判断で行ってしまうと、肉離れが癖になりやすくなります

    再発を起こさないためには、次のことが大切です。

    • 治療中に強い負荷を与えない
    • 痛みがなくなってもすぐに運動を再開しない
    • 肉離れの重症度や修復期間、通院頻度を把握する

    ・治療中に強い負荷を与えない

    治療中は決して負荷を与えないようにしてください。
    2~3日は余り出歩かず安静に、最低でも2週間以上は運動を控えるようにしましょう。

    軽いものであれば、数日で痛みは消え、3週間ほどで完治します。

    ・痛みがなくなってもすぐに運動を再開しない

    痛みがなくなったからといって、すぐに以前と同様の運動を行わないようにしましょう。
    これが再発しやすい一番の原因です。

    試合に出たい、トレーニングしたいと思っても無理にやると、その後に二度とできなくなるかもしれません。

    必ず医師の相談を受け、ストレッチなどのリハビリから始めます。

    ・肉離れの重症度や修復期間、通院頻度を把握する

    肉離れには段階があることをお伝えしました。内出血の状態はどんなものか、復帰にどれくらい期間がかかるのかなど、MRI検査や超音波検査によって調べることができます。

    きちんと整形外科に行き、復帰の目安やどれくらいの運動の負荷なら平気かなどを確認しましょう。

    肉離れが癖になってしまった方は

    肉離れには鍼灸治療が効果的

    pixta_20382144_M
    じつは肉離れの治療には鍼灸治療が効果的なことを知っていますか?

    激しい痛みや腫れなどの炎症が収まって来たら、怪我の状態は回復期に入ります。
    その状態になると鍼治療は、症状を早く治すのにとても効果的なんです。

    肉離れを起こすと、患部の筋肉が固くなったり、血流が悪くなります。

    筋肉あるいは、ツボの部分に刺すことで、固くなった筋肉をほぐし、血流をよくして、患部の治癒を高めます。

    多くの肉離れ患者さんが鍼灸治療によって肉離れから完治しています。

    アキュスコープで肉離れを改善

    aqs
    当院では微弱電流治療機器「アキュスコープ」を導入し、施術を行なっています。

    体内に電気を流すことで、体内に流れる電流に適合して、自己回復力を高めます。

    患部の内出血部や痛みの緩和を早めてくれますよ。

    鍼とこのアキュスコープを組み合わせて、あなたに合わせた最適な治療を行なっていきます。

    夜中によく足がつる!」とお困りの方、ぜひ一度体験してみてくださいね!

    300x250

    おわりに

    肉離れは、最初の治療が肝心です!

    癖にならないためにも、しっかりと治療に専念して再発しないように心がけましょう。

    もし鍼やお灸の効果が気になる方は、お気軽に一度ご相談くださいね!
    白山はりきゅう整骨院のデンでした〜!