あなたの肌は大丈夫?夏に起こりやすい肌トラブルと対策方法

毎度こんにちは!
美容鍼の東京 白山はりきゅう整骨院デンです。

夏の肌に影響を与えるのは、「紫外線」「冷房」「汗」です!

夏に肌が荒れやすくなる原因とあなたの肌環境を知り、しっかりと対策をしていきましょう。

敵を知り、己を知らば、百選危うからずです。

夏に起こりやすい肌トラブルとその対策をご紹介します!
300x250

夏に起こりやすい肌トラブル

日焼け、シミ、くすみ、光老化、乾燥、汗や皮脂によるべたつき、テカリ、化粧崩れ、ニキビ、インナードライ、むくみ、あせも
白山はりきゅう整骨院 院長
夏は肌の歳のとりやすい季節なんて言われますよね。

ふみちゃん
夏は好きだけど、年は取りたくないし日焼けしたくないです
白山はりきゅう整骨院 院長
ですね。きちんと夏には夏の肌対策を!

夏の肌はインナードライ

夏は肌の乾燥する季節です。湿度が高い夏になぜ肌が乾燥するのでしょうか?

それは、「気づかない間に肌のうるおいが奪われる」から。

夏はじめじめして湿度も高いし、汗もかくし、潤っているだろうと思いがちですが、そこできちんとケアをしないと気づかない間に肌トラブルを引き起こしてしまいます。

肌の潤いを守るバリア機能である角層が、紫外線や、多量の汗、クーラーの乾燥、室内と外の温度差によるストレスなどによって壊されてしまい、肌内の水分はどんどん奪われてしまいます。

冷房

pixta_18270727_M
夏にエアコンをつけたまま寝てしまい、翌日のどを痛めた経験はありませんか?

冷房の効いた部屋は、冬並みに湿度が低いです。涼しいからとそんな環境にずっといたら肌は乾燥してしまいます。

会社や学校、車、電車、お店いろんなところで肌乾燥を引き起こしやすいのです。

また、汗をかいた後は、エアコンの冷風で汗の蒸発と一緒に、皮脂やその奥の肌の水分まで飛んでしまいます。

汗をかいて、顔や身体を洗いすぎる

pixta_24275518_M
夏は汗や脂のベタベタが気になって、テカリを抑えるために1日に何度も洗顔をする人が多いです。

ですが、洗顔しすぎることで、必要な水分や皮脂などの潤い成分まで洗い流してしまい、肌が乾燥します。

洗顔料を使うのは、1日多くても朝晩2回までです。

汗を拭き過ぎる

pixta_30396248_M
何度も汗をハンカチやタオルでふき取ることで摩擦により肌の角質層を傷めつけていきます。

これによりさらに肌の乾燥が進んでしまいます。

柔らかいタオルやハンカチでやさしくふき取るようにしましょう。

夏の強い紫外線

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s-580x435
夏の強烈な紫外線は、肌の奥の真皮層まで届き、肌の潤いや弾力を保つコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

スポーツをしている方や、お子さんと遊びにいくお母さんたちなんかは外に長時間出かけることも多く大変ですよね。

紫外線はシミやくすみ、しわを引き起こす原因にもなります。

紫外線による肌トラブルについては関連記事をご覧ください。
【関連記事はこちら】
【紫外線対策】夏の紫外線から肌ダメージを防ぐ4つのケア

夏にできやすいニキビの原因とニキビを減らす4つの対策

肌のシミの気になる方必見!紫外線によるシミの対策と解決法

夏の肌保湿ケアの基本

UV対策をしっかり行う

基本はUVケアです。日焼け止めを塗って、日傘やサングラスなどの日よけグッズでできるだけ直接紫外線が当たるのを避けるようにしましょう。

冷房の風も直接当たらないようにするなど、日頃意識することも大切です。

➀落とす

pixta_18090384_M
日焼け止めなどを多量に塗ったあとは、1日のおわりにクレンジングでしっかり落としましょう。

皮脂が残っていると、酸化して肌ダメージを引き起こしてしまうので、皮脂も残らないように洗い流してください。

➁保湿する

pixta_18955217_M
紫外線やエアコン、洗顔によって肌の水分は奪われてしまっています。なので洗顔のあとは化粧水で潤してください。日焼けした後なんかは特に肌はカラカラの状態なので、いつもより多めにたっぷりとつけてあげましょう。美白タイプの美容液なども活用しましょう。

➂ふたをする

pixta_9152779_M
化粧水をたっぷりつけたあとは乳液などでしっかりふたをしてあげます。せっかく潤しても、バリア機能の低下によって水分が奪われてしまわないようにしましょう。

日焼け止めは肌に悪い?

ところで肌ケアをとくに意識するひとは、日焼け止めも肌に良くないんじゃないか、と心配になってしまいますよね。

結論から言えば、塗った方がいいです。

夏に限らず、一年を通して紫外線は降り注いでいるので一年中塗った方が紫外線による肌のダメージを防ぐことはできます。

日焼け止めが肌の負担になって肌トラブルを引き起こすということはあります。

外出時には適切な方法で日焼け止めを塗るようにしましょう。

まず、肌の弱い人や肌の負担が気になる人は、PA値やSPF値の低いものを選びましょう。

PA++、SPF20もあれば十分です。強いものをずっとつけるより、値の低いものでもこまめに塗りなおす方が効果的です。汗で流れ落ちるので、一日に何度か塗りなおすようにして、一日のおわりにはしっかり洗い流すようにしてください。

赤ちゃん用や敏感肌用のものもお勧めです。

夏の肌ダメージに美容鍼

美容鍼の仕組み
紫外線などで受けたダメージには鍼灸でケアするのがお勧めです。

皮膚が紫外線を浴びたままだと、シミになってしまいます。シミの原因となるメラニンを美容鍼で流してあげる必要があります。

鍼を刺すことで肌の代謝が上がって、新陳代謝を促進するので、紫外線でダメージを受けた肌の回復を早めます。

皮膚の血行を良くして、肌のターンオーバーを回復させる美容鍼は紫外線対策にばっちりです!

ふみちゃん
宣伝!?

白山はりきゅうのアキュスコープは肌ダメージに効果大

aqs
当院では微弱電流治療機器「アキュスコープ」を導入し、施術を行なっています。

患部に電流を与え刺激を与えることで血流をよくします。

電気治療の効果は抜群です!紫外線ダメージによるシミ、シワ、たるみを改善します。

鍼とこのアキュスコープを組み合わせて、あなたに合わせた最適な治療を行なっていきます。

夏の肌ダメージが気になる」とお困りの方、ぜひ一度体験してみてくださいね!

300x250

まとめ

夏は肌トラブルの起こしやすい季節です。
ひと夏すぎるごとに、気づかぬ合間に肌が老化していく、なんてことがないようにケアが大切です!

もし鍼やお灸の効果が気になる方は、お気軽に一度ご相談くださいね!
白山はりきゅう整骨院のデンでした〜!