夏にできやすいニキビの原因とニキビを減らす4つの対策

毎度こんにちは。

美容鍼の東京白山はりきゅう整骨院デンです。

夏は肌の露出が増えるので、ニキビや肌荒れしてる部分が気になりますよね。

しかも夏にニキビができるとなかなか治りにくく、しかも炎症を起こしやすいです。

どうして夏になるとニキビが出やすいのでしょうか。

今回は、夏にニキビが悪化する原因と夏にむけてのニキビ対策をご紹介します!

300x250

夏にニキビができやすい原因って?

images-4

ふみちゃん
夏だ!海だ!水着だ!
…でも最近ニキビが増えた気がするんです。背中なんかもちょっと肌荒れを起こしてて。

白山はりきゅう整骨院 院長
夏になるとニキビが出やすくなりますよね。
キーワードはズバリ「乾燥」です!

◆皮脂の分泌量が増えるため

夏は、気温が上がり紫外線も増えるので、肌を保護するために皮脂の分泌量が増えます

皮脂の分泌が多くなると、皮脂にほこりや雑菌がくっついて毛穴が詰まって炎症を起こしてしまいます。

これがニキビの原因となるのですが、夏は特に皮脂が溜まりやすいのです。

◆汗で角質がはがれやすい

汗そのものは、ほぼ水分でできているので直接ニキビの原因になるわけではありません、

汗がしみ込むことで角質がはがれやすくなります。
角質がどんどんはがれていくと、作られたばかりの新しい角質は、刺激に弱く敏感なため、炎症を起こしやすくなります。

また新しくやせ細った角質の肌は固く、毛穴に汚れが溜まりやすくなります。

◆冷房による乾燥

pixta_21374154_M
夏は湿気も多くじめじめしていている一方で、非常に乾燥しやすい季節でもあります!

その原因は「冷房」

暑いからとずっと冷房の効いた部屋にいると肌が乾燥してしまいます。
肌が乾燥すると、肌を守ろうと皮脂が過剰分泌します。

つまり夏に皮脂が出る原因は汗をかくことだけじゃなく、夏の冷房による乾燥のせいでもあるんですね。

◆紫外線による乾燥

また夏の強い紫外線も、肌に良くないのはご存知ですよね。
その紫外線量は冬の5倍も

紫外線は肌のバリア機能を破壊するので、肌の表面から、内部の水分が蒸発しやすくなります
冷房と同じように乾燥して水分のなくなった肌は、ニキビをできやすくします。

また、紫外線を受けると、肌で活性酸素が発生します。
活性酸素は皮脂を酸化させて過酸化脂質にします。

過酸化脂質により毛穴で炎症が起こり、ニキビが悪化することになります。

夏のニキビを防ぐ4つの対策

洗顔画像

1.洗顔しすぎない!

夏は汗をいっぱいかくので、さっぱりきれいにしようと過剰に洗顔してしまいがちです。

皮脂がたまってニキビになるならしっかり落とさなきゃ!と思いますよね。

ですが、過剰に洗顔しすぎると余計に乾燥したり、角質をはがして、炎症を引き起こしてしまいます。

洗顔料を使うのは夜だけ、朝や気になるときははぬるま湯だけで洗うようにしましょう。

また、夏はシャワーだけ!という人が多いですが、湯船につかって温めることで毛穴を開き、汚れを落としてあげることが大切です。

お風呂にしっかり入って、やさしく洗ってあげるようにしましょう。

2.保湿する

0942f721decdf4a4075c3c395981c9e6_m
夜シャワーを浴びたあと、朝の洗顔後も保湿をしっかり行うようにしてください。

自分オイリー肌だからといって保湿はあまりしないというのはよくないです。

顔の表面は皮脂で覆われていても、肌内部は水分が足りていない状態ということもあります。

肌をきちんと保湿してあげることでバリア機能を正常化することで、皮脂が過剰に分泌するのを解消してくれます。

あぶらとり紙で皮脂を摂りすぎない

また、あぶらとり紙は、肌に必要な皮脂や水分まで落としてしまうので使わない方がいいです。

顔の脂が気になる場合は、清潔なティッシュなどでそっとふき取るようにしましょう。
 

3.日焼け止めを選ぶ

shutterstock_114794266-1
紫外線は肌の大きな天敵です。

日焼け止めや日傘を活用してできるだけ紫外線を直接受け過ぎないように気を付けましょう。

ですが、日焼け止めも選び方に気を付けましょう。

日焼け止めには、SPFとPAの表示がありますよね。この数値が高ければ高いほど、効果は高いですが、肌への負担も大きいです。

肌荒れの気になる方は、日焼け止めクリームはSPF10~20、PAの+の数は二つまで、あるいは敏感肌用の日焼け止めをこまめに塗るようにしましょう。

4.栄養と睡眠をしっかりとる

tyoukatu-eyecatch
これは夏に限った話ではありませんが、ニキビ対策のためにしっかり栄養と睡眠をとるようにしましょう。

夏場は特に夏バテで食べられなくなったり、暑くて寝苦しかったりするので、生活習慣を崩しやすいです。

これらはストレスを引き起こす原因にもなるので、きちんと食事をとる、寝苦しい夜はクールアイテムを活用するなどして睡眠をとりましょう。

ビタミンC、ビタミンEが効果的!

ビタミンCやビタミンEなどは、紫外線によるダメージを修復してくれるので、日ごろビタミンを多く含む食材(フルーツや野菜など)を食べたり、サプリメントで補うようにするといいです。

鍼灸治療で夏ニキビを消す

pixta_8476692_M
夏のニキビ対策には、鍼治療がおすすめです。

一度できてしまったニキビは、保湿や紫外線ケアのためにどうしても肌を刺激してしまい、なかなか治りにくいですよね。

鍼治療は一回受けるだけで、肌の赤みやしこりもだいぶ改善されます。

夏で肌を露出するのに困っている方は、ぜひ一度鍼灸治療をうけてみることをおすすめします。

アキュスコープで肌の炎症も解消

IMG_1739

ふみちゃん
先生!アキュスコープって何ですか?

白山はりきゅう整骨院 院長
アキュスコープは、NASAで開発された、ケガやニキビ治療の最先端治療機器です!

体の中には絶えず生体電流が流れており、新陳代謝が起こっていますが、肌荒れを起こしている方はそうした肌のバランスがうまく機能しなくなっているので治りも遅いんです。

このアキュスコープは体の電流のバランスを瞬時に分析。
それを整える最適な強さの電流を与え、新陳代謝を促進し、治りを早めることができるんです。

鍼治療と合わせることで、治りにくかったニキビも格段に良くなりますよ!

当院での事例

スクリーンショット 2016-02-05 19.20.03
施術回数は12回
施術期間は3ヶ月
最初の5回は週に1回の施術で、赤みが引いてきたので10~14日間に1度の施術を定期的に行いました!
現在は肌質キープのため、3週間に1度のペースでご来院しております。

300x250

まとめ

夏になると急にニキビが増えるのは、他の季節以上の「皮脂」と「乾燥」が原因です。

なので、夏のニキビ対策で気を付けたいのは「保湿」です!
できるだけ肌のダメージをさけ、皮脂がたまりにくい生活を心がけるようにしましょう。

夏で肌を露出したいのにニキビが気になる、って方は鍼治療も考えてみてください。

もし鍼やお灸の効果が気になる方は、お気軽に一度ご相談くださいね!
白山はりきゅう整骨院のデンでした〜!

春にニキビが悪化する5つの原因と対策方法

寒かった冬が終わり、晴れやかな気持ちで迎える春。
新しい季節に胸を踊らす季節でもありますが、実は同時にニキビも増えてくる季節でもあります。

この記事では春にニキビが増える理由と予防方法をご紹介。
気持ちよく春を迎えるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

春にニキビが増える5つの理由

1.花粉

pixta_21083779_M
花粉症の人にとってはみているだけでムズムズしてくる画像ですね…。

しかし実は花粉の影響を受けるのは花粉症の方だけではありません。
花粉はくしゃみや鼻づまりといったアレルギー症状を引き起こすだけでなく、ニキビなど肌トラブルの原因ともなっています。

花粉に反応するのはアレルギーの一つ。
アレルギーの反応によってバリア機能が低下した肌は非常に敏感で刺激を受けやすく、ターンオーバーも乱れるため、ニキビができやすくなったり悪化したりするのです。

鼻づまりなどの症状もないし花粉症ではないだろうと考えている方でも、肌にはアレルギーの影響を受けている場合があるため、油断していると花粉からのダメージを受け続ける可能性があります。

今まで検査をしたことがないという方はアレルギーテストを受け、場合によっては薬を処方してもらうという手もあります。

2.風に舞うほこりや黄砂

pixta_6922362_M
また、外的な刺激の元になるのは花粉だけではありません。
春の風はホコリや黄砂なども運んでくるため、アレルギーのある方はもちろん、ない方でも肌が刺激を受けないよう注意する必要があります

3.気温の変化

春は暖かくなっているとはいっても日によっては寒かったり、朝と夜で気温差が激しかったりといったことは珍しくありません。
気温差が大きいと体温を調整する役目を果たす自律神経が乱れやすくなり、ホルモンバランスも崩れてしまうため肌のコンディションに悪い影響が出てしまいます。

寒暖差から肉体がストレスを受けてしまわないように、気温変化に対応できるよう上着を一枚羽織るなど、服装に気をつけるようにしましょう。

4.生活環境の変化

原因の3つ目は生活環境の変化です。
春といえば学生の方にとっては進学やクラス替え、社会人の方にとっては就職や人事異動など、生活環境ががらっと変化する季節でもあります。

新しい出会いや初めて経験する出来事にわくわくする反面、慣れない生活に対する不安から精神的なストレスも非常に大きくなりがち。

ストレスによって緊張状態が続くとホルモンバランスが乱れ、ニキビを悪化させる原因となります。
ストレスを溜めないようにする必要がありますが、環境を変えるなんてことはなかなか難しいため、運動やリラックスできる時間を作るなどの工夫をして、ストレスをこまめに発散できるようにすることが肝心です。

また、生活環境の変化が引き起こすのはストレスだけではありません。覚えなければいけないことが多いため寝る時間が以前より遅くなったり、一人暮らしを始めた結果食生活が乱れてしまったりといった生活習慣の変化も起こりがちです。
睡眠や栄養が不足すると免疫力の低下を招き、
ニキビができやすくなります。

新生活が始まってからの生活習慣が乱れていないか一度見直してみて、できるだけ以前の生活リズムに戻せるようにしてニキビができないようにしましょう。

5.紫外線

bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s-580x435
その他の原因として考えられるのは紫外線です。
紫外線がニキビに悪いというのはよく知られているため、美容のためにも対策をしている方は多いでしょう。しかし、

きちんと対策をできているのは紫外線の多い夏だけといった方も少なくありません。
寒い日が続くこともある春は手を抜きがちになりますが、紫外線量は日々増加しているため知らない内に肌はダメージを受けています。

春はただでさえ花粉や気温などで肌が敏感になっているため、紫外線で余計な刺激を受けないようにする必要があります。

春のニキビを予防する方法

花粉対策をする

pixta_14619235_M
花粉は肌にとっては刺激物。
花粉症でなくても、しっかりと花粉対策をしましょう。

花粉対策で一番重要なのが、花粉を体につけないこと

特に目と首回りは特に花粉がつきやすい部位です。
花粉量が多い日はハイネックの服を着たり、メガネをするなど、花粉ができるだけ付着しないような服装を心がけましょう。

また服なども部屋に花粉を持ち込まないことも大切です。
一度外出した服や外に干していた洗濯物などは軽く払ってから部屋に入れるなど、ちょっとしたことでも花粉症の人にとっては楽になるのと同じように、ニキビ予防にも効きます。

メイクは薄めに、ケアは厚めに

pixta_23981361_M
春は乾燥の季節。
さらに新生活のストレスなどで肌はかなりダメージを受けます

そんなときに濃い目のメイクはNG
肌への負担が掛からないよう、できるだけ薄めのメイクを心がけましょう。
メーク下地とパウダーファンデだけで済ませるのがオススメです。

逆にケアはしっかりと行いましょう。
保湿や紫外線対策もできるメーク下地を使用したり、また洗顔方法にも気をつけてみてください。

ニキビ肌の人向けの洗顔方法は下の記事でご紹介しています。
ニキビ肌の人の最適な洗顔回数と方法について

鍼はニキビもストレスも解消!

40869_clbkbtdajx
春のニキビ対策には、鍼の定期的な治療を受けるのもオススメです。

肌の奥の真皮を刺激し血行を促進することで、ニキビだけでなく、顔のシワやたるみ、また保湿などにもダイレクトな効果を感じられます
体全体の巡りを良くするので、春の新生活でのストレスも予防できます。

それ以外にも様々な効果がある鍼治療。
髪の毛よりも細い鍼を使用しているので、痛みはほとんどありません。

受けた後はそれまで感じていたコリや重みが怖いくらいに消えてすっきりするので、是非リフレッシュと健康促進を兼ねて一度受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

スキンケアを普段通りやっているはずなのに春になってからニキビが悪化してしまった、スキンケアを変えたほうがいいのだろうかと悩んでいる方は多いでしょう。

しかし、春にニキビが悪化する原因となるのは単純に潤い不足などの肌問題だけではなく、花粉や紫外線などの外からの刺激、気温の変化や生活環境の変化によるストレスなど、外からの影響によるものも多く見られます。

こういったものが原因によるニキビはスキンケアの改善をしてもよくならないため、自分のニキビの原因がどこから来ているのかを見極め、適切な対策を取る必要があります。
春はイベントも多く楽しい季節ですので、暗い気持ちで過ごすことにならないようニキビに気をつけましょう。

春のストレスやニキビ対策は鍼も効果的です!
いまニキビにどうしようもなく悩んでいるなら、まずはご相談ください。
白山はりきゅうでした!

ニキビ対策!乱れた肌のターンオーバーを改善する5つの方法

pixta_28445431_M
ニキビ肌の悩みは、年を経るごとに重くのしかかってきますよね。

ニキビ肌を改善したいと考えたときに、スキンケア用品を使うことだけに目がいきがちです。
しかし本当に重要なのは体自体の代謝を上げ、肌の生まれ変わり=ターンオーバーをスムーズに行うこと
普段のスキンケアはそのサポートに過ぎません。

今回はこの肌の生まれ変わりを促進するための方法をご紹介します。

肌のターンオーバーとは

生まれ変わりのサイクルのこと

ターンオーバーとは、簡単に言えば肌の生まれ変わりのことです。

表皮では絶えず細胞が分裂し、新たな肌の素が作られています。
それらが徐々に表面に押し出され、古い細胞を垢として排出します。

これらの一連の流れは約1ヶ月周期で行われており、傷ついた肌を新しい肌にするためにとても重要な役割を担っています。
pixta_22636069_M

大人ニキビはターンオーバーの乱れが原因

ターンオーバーが乱れると、肌の表面の潤いが消え乾燥してきます。

通常ターンオーバーによって表面に押し出される細胞というのは、完成されたものです。
しかし細胞の消滅速度は変わらないため、絶えず垢となって出ていきます。

表皮というのは紫外線などの外部からの刺激を防ぐためのものであるため、成長が不十分な肌であっても無理やり表皮に押し出されます。
それが角質となってアクネ菌の温床となり、大人ニキビができやすいニキビ肌の出来上がりです。

ターンオーバーが乱れる原因は様々

食生活の乱れによる栄養の偏り、運動不足、睡眠不足、喫煙、疲労、ストレス、スキンケア不足による肌の乾燥、不規則な生活リズム、ホルモンバランスの乱れなどが原因となります。

これらの原因により肌環境が悪化することでニキビができやすくなってしまいます。
不摂生な生活習慣やスキンケア不足により肌が乾燥すると角質のバリア機能は低下します。

バリア機能が低下するとターンオーバーが不活発になってしまいます。
この状態を放置してしまえばどんどん肌環境は悪化していきますし、ニキビもできやすくなってしまいます。

また肌環境が悪くなってしまっている状態でできるニキビなので、同じ箇所に何回も繰り返しできる、なかなか治らない、色素沈着しやすく跡が残ってしまうなどの厄介な特徴もあります。
ですので、早めの対策で早めに肌環境を健やかに整えるということがとても重要になります。

ターンオーバーを改善する方法

1.ビタミンを摂取する

Vitamins collection for your design. Vector illustration
まずは自分の日頃の生活習慣を見直してみるということから始めてみましょう。
食生活においては、野菜、果物、大豆製品、魚介類、肉類、海藻類、乳製品、卵などの食べ物を満遍なく食事のメニューに取り入れて、ビタミン、ミネラル、タンパク質、食物繊維などの栄養素をバランス良く摂取するということが大切です。

特にビタミンについて意識しましょう。
脂質の代謝を促すビタミンB、抗酸化作用がありニキビ跡の色素沈着を抑制する効果があるビタミンCなど、肌の悩みにダイレクトに効きます。

ビタミンB群やビタミンCは水溶性のビタミンですので体の中にストックしておくことができません。
不要な分は全て尿と一緒に排出されてしまいますので、サプリメントなどで少しずつこまめに摂取するのが効果的です。

2.水分補給はしっかりと

pixta_27267324_M
代謝をアップさせるためにこまめに水分を摂取するということも大切です。
一気にたくさん飲むのではなく、1日の生活の中でこまめに水分補給するのが効果的です。

喉が渇いていなくても水を飲むという習慣をつけましょう。

特にミネラルや硬水がおすすめです。

3.睡眠の質を上げる

pixta_26973750_M
食生活だけではなく、生活習慣の改善も必要です。

まずは睡眠から意識してみてはいかがでしょうか。

午後10時〜午前2時は肌を再生する働きを持つ成長ホルモンが多く分泌されます。
とはいえこの時間に寝るのは社会人の方には難しいですよね。

これまではこの時間が肌のゴールデンタイムといわれていたのですが、いまはちょっと違う説もあり、就寝後3〜4時間がピークとも言われています。
遅い時間でも熟睡できる環境を整え、質のいい睡眠を取るようにしましょう。

4.簡単な運動で代謝を上げる

pixta_22248546_M
代謝アップのためには適度な運動も生活の中に取り入れることが大切です。

ウォーキングや筋トレやストレッチや体操などの手軽にできる運動を毎日の生活に取り入れてみましょう。
ストレスや疲労をため込まないということも大切です。

リラックスできる癒しを見つけたり、リフレッシュできる趣味に没頭したりする時間を設けて精神を穏やかに保ちましょう。

タバコを吸うとビタミンやミネラルが大量に失われて肌に悪影響を及ぼしますので、禁煙に努めるということも大切です。

5.保湿で肌の水分を補う

pixta_18090384_M
上記のような生活をしたからといってすぐにターンオーバーが活発化されるわけではありません。

生活を改善しそれに体が追いついてくれるまでの間は、化粧品による保湿ケアが重要になります。

肌の生まれ変わりを促進するなら美容鍼もおすすめ

pixta_8476692_M
上記のニキビ対策はとても効果的ではありますが、これまでの生活をすぐに変えるのは難しいですよね。

そこでおすすめなのが、美容鍼です。

真皮層に刺激を与えてターンオーバーを助ける

美容鍼は表皮の奥の真皮層を刺激することで、血行を促進し、表皮の細胞分裂を活発化させ、ターンオーバーを手助けします。

食生活や生活習慣の改善というニキビ対策に比べて即効性も期待できます。
とはいえ効果の持続期間としては2週間と言われています。
生活習慣を少しずつ変えていくのに役立ててください。

アンチエイジングやリフトアップの効果も

1回の施術でも十分な効果を得ることができますが、定期的に通って美容鍼の施術を受けることでターンオーバーが活性化されて自宅での化粧品によるスキンケア効果もアップします。

また首のコリも改善できるので、小顔効果も。
ニキビ肌だけでなく、美容鍼には様々な効果があります。

「総合的に体の悩みを解消したい」という方、ぜひ一度ご相談くださいね!

まとめ

ターンオーバーはニキビ肌の根本的な解決のためにとても重要です。
ここを改善すれば、ニキビが頻発することはなくなります。

様々な解消法がありますが、すべてを実現するのは不可能ですよね。
だからこそ化粧品などの肌の健康を保つ補助用品をうまく使うことが、早くターンオーバーを改善するコツになります。

その選択肢の一つとして美容鍼はとても有効。
痛みはほとんどなく、ニキビに直接鍼を打つわけではなくニキビができている箇所の周りに鍼を打って血行を促進させるというアプローチの仕方なのでニキビを傷つける心配はありません。

健康的で規則正しい生活習慣と美容鍼でニキビを速攻撃破しましょう!

ストレスが増えるとニキビも増える?ストレスとニキビの関係性

pixta_22135085_M
いつまで経っても治らないニキビ。
出来てしまう原因の一つにあるのは、ストレスによる可能性があります。

今回はこのニキビとストレスの関係性についてご紹介していきます。

食生活だけじゃダメ!ニキビの原因となるストレスとは

ストレスとニキビの関係

ストレスとニキビなどの肌荒れには密接な関係性があります。

ストレスを感じるとそれに反応した脳が指令を出し、体を緊張状態にするために血管を収縮させ、血液の流れが悪くなります
また、体の水分量を調整してくれているリンパの流れも悪くなります。

血流は皮膚の細胞の代謝を促したり、損傷した場合には、傷を治すなど細胞の生まれ変わりを手伝う役割も担っています。
そのため、血行が悪くなりニキビが増えるのです。

ストレスの最大の原因は生活習慣

時間に終われて満員電車に乗り、のんびりとする暇もなかったり、あるいは帰りが遅くて睡眠を満足に取れなかったり、体内のホルモンバランスの乱れによるストレスも影響しています

それらのストレスから影響を受けていると、野菜や食物繊維を多く摂取するようにしていたり、お肉や脂っこい物、チョコレートなどの糖質を避けていても、肌荒れが起こり、ニキビが出来てしまうこともあります。

体に良いストレス

ストレスと言っても、体にとって良いストレスもあります。
運動はその一つです。
運動することは、筋肉を動かし、筋肉量を増やすのにもとても効果があります。

筋肉が増えると血行が良くなります。
また、運動による爽快感が嫌なストレスの軽減にも繋がります。
運動することによって、脳からも幸せだと感じるドーパミンが分泌されて、楽しい気持ちになります。

また、血行促進の為に運動したり、お風呂や電気毛布で体を温めることで美肌効果を期待して行っても、上手くいかない場合もあります

運動だけではストレスによるニキビは減らない!

「血行を良くする為に体を温めているし、運動もしているのに、ニキビが消えない」
しっかりと対策しているにもかかわらず、そういったお悩みを持っている方もいますよね。

実は運動だけでは血流を改善しにくい箇所があるんです。

例えば、リンパ管と呼ばれる体の節々に存在する物なのですが、ここは取り込んだウイルスをやっつける場所です。
ウイルスだけでなく、ついつい取り込んでしまう添加物などもリンパ管や血管内の流れを悪くさせます。

ストレスからくるニキビの悩みを解消するには、運動をする前にストレスを根本から解消しなければなりません

ストレスを軽減する方法

質の良い睡眠を摂る

pixta_25949583_M
睡眠は体を回復させる一番効果的かつ効率的な方法です。

睡眠は成長ホルモンが分泌されるため、体の細胞の生まれ変わるために重要な時間です。
とはいえ長い時間眠ることだけが効果的なわけではなく、深い眠りが重要になってきます。

深い眠りを実現するには、お風呂に入ったり、あるいはホットミルクを飲むなどリラックスした状態でベッドに入るといった睡眠前の行動が重要になってきます。

カラオケに行く

pixta_26905303_M
カラオケに行ったあとで、ものすごくスッキリした記憶がある人は多いのではないでしょうか。
カラオケは実はかなりストレス解消にとても効果的。

大声で歌うことで血行が良くなり、緊張した体をほぐしてくれます。

生活の中にルーティンを織り交ぜる

猫 ルーチン
これはなかなか難しいですが、何らかのルーティンを生活の中で取り入れることでストレス解消の効果があるようです。

毎日決まった行動をすることで精神的な支柱ができるため。リラックスすることができると言われています。

わざわざルーティンを作らなくてもあなたの中で何か毎日やっていることをルーティンとして意識するだけでも、変わってくるかもしれません。
続けられる行動を探してみてください。

ストレスからくるニキビには美容鍼もおすすめ!

pixta_8476692_M
手前味噌ではありますが、ストレスからくるニキビの改善には鍼がとても効果的です。

鍼によって細胞に刺激を与えることで、血行が良くなり、ストレスによって緊張した筋肉をほぐすことができ、疲労回復にもつながります。

当院では特にニキビやシワ、シミといった顔のお悩み全体を解決する美容鍼の施術を中心に行なっています。
鍼だけにハリのある肌を手に入れることができますよ!

それだけではなく、体の凝りや節々の痛みなどにも効きます。
からだの悩みを根本から解決したいという方、ぜひ一度ご相談ください!

まとめ

滞りがない体を動かせば、血液はスムーズに流れていきます。
運動すると、今まではベタベタとした嫌な汗流れていた方も、スムーズに流れていく川の流れにように、サラサラと血液が流れて、汗もサラサラとしたべたつきにくい汗が出てきます。
そういったサラサラの汗は毛穴を詰まりにくくさせます。
毛穴が皮脂汚れなどで詰まりにくくなれば、必然的にニキビ予防になります。

体の健康と、そして美容の為にも、食事や運動以外のところでも、マッサージお灸などによって、気の流れを良くして、体内から美しくなりましょう。
内面の美しさは、お肌や髪の毛に表れます。
見た目が美しくなることで、自信がみなぎり、より一層美しい自分になれることでしょう。

ニキビが慢性的に発生する「ニキビ肌」を脱却するには!?

pixta_22033252_M
いつもきれいな肌でいたいというのは性別や年齢を問わず、すべての人に共通する願望ではないでしょうか。

そんな人にとって大敵なのがニキビ。
思春期特有のものから大人ニキビまで幅広い年齢の人が悩まされています。

特に大人ニキビは慢性的に発生し、治りにくいという特徴があるため、多くの人の悩みのタネになっています。
対策にはいろいろな方法があり、ステロイドの薬や、市販薬、化粧品などで改善しようとしている人も多いでしょう。

ステロイド剤などの薬品での対処は即効性もあり、きれいになりますが、一方で副作用もあり、根本的な治療にはならないので長期間にわたって使用することはできません。

化粧品や市販薬などは効果の面で弱いので、慢性的なニキビ肌から脱却するまでには至りません。

ニキビ肌改善におすすめ!美容鍼の効果

pixta_8476692_M
そこでおすすめなのが美容鍼です。
美容鍼とは顔に打つ鍼のことなのですが、1回の施術でもかなりの効果があり、根本から治療することができるので慢性的なニキビにも高い効果があると言われています。

美容鍼とは

そもそも鍼治療とは全身にあるツボに鍼を刺して刺激することで、滞っていたリンパの流れを促し、さまざまな体調不良を改善するというものです。

これが健康だけではなく、美容にも大きな効果が期待できるとされており、モデルや女優などの間でも注目を集めています。
美容鍼はこの通常の鍼治療とメカニズムは同様ですが、通常の鍼治療は肩こりや頭痛などの不調を解消するのが目的であるのに対して、美容鍼はシミやたるみ、ニキビなどを改善する美容を意識した治療が目的となっています。

美容鍼は顔にうつ鍼のことで、お灸とセットになっていることが多く、美容鍼灸とも呼ばれています。
顔に打つ鍼というと痛くて怖いイメージがありますが、美容鍼の太さは髪の毛よりも細いので、ほとんど痛みを感じることはありません。

海外セレブやモデルたちの間で小顔やリフトアップ効果がると話題になったのが、美容鍼が注目されたきっかけです。

美容鍼にはニキビが出来る原因でもある自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れを整える効果があるので、ニキビの原因に根本的にアプローチすることができます。

ターンオーバーのサイクルを整えてくれる

美容鍼にはターンオーバーの乱れを整えてニキビができにくい状態に改善する効果もあります。

年齢を重ねたり、不規則な生活が続いたり、紫外線を浴びたりすると、シミ、シワ、たるみ、くすみなどのトラブルが発生し、ニキビやニキビ跡も治りにくくなってしまいます。

トラブルの原因はさまざまですが、それぞれに関係しているのがターンオーバーの乱れです。
若くて健康な人であれば、一定の周期で古い角質が剥がれ落ち、新しい細胞に生まれ変わります。

しかし、加齢や紫外線などの影響で、ターンオーバーの周期が乱れると、古い角質やメラニンが表面に残ってしまい、トラブルがあらわれやすくなります。

美容鍼は非常に細い針で傷を付けることで私たちが本来持っている自己治癒力を呼び覚まし、血流を改善することができます。
血行が良くなると老廃物がきちんと排出されるので、ターンオーバーの乱れが解消され、ニキビができにくい状態になり、慢性的なニキビから脱却することができるのです。

シワやたるみ、乾燥も解消できる

美容鍼はニキビの他に、シミ、シワ、たるみ、くすみ、乾燥、目の下のくまなどあらゆるトラブルの解消に効果的です。
なぜこのように万能とも言える効果があるのでしょうか。

細胞や筋肉に直接刺激を与えることができる

化粧品や市販薬などで肌のトラブルを防いでいる方も多いですよね。
しかしそれらは表面の角質層までしか届きません。

一方、美容鍼は髪の毛よりも細い鍼をさすことで、真皮層に直接働きかけ筋肉や細胞に刺激を与えることができます。

加えて真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの生成を促進させるので、ハリや弾力アップにも効果がありニキビ跡が目立たなくなります

コラーゲンやエラスチンなど、美肌を保つ真皮層に働きかけることにも繋がり、シワから乾燥といった幅広い肌の悩みを解決できるのです。

美容鍼VSレーザー治療

Close up of arms of beautician making laser treatment on female face. The woman is lying and smiling. Her eyes are closed with pleasure
ニキビ肌などのトラブル対策で即効性がある治療法というと、レーザー治療が挙げられます。

レーザー治療は表面に刺激を与え、皮脂や膿を取り除いたりするのが主です。
実際即効性があるのですが、敏感肌の方などはレーザー治療だと痛みを伴うこともあり、肌に合わないという場合も少なくありません

美容鍼は、真皮質を刺激することで体に備わっている元々の治癒力の強化を促す治療法。
その根本となるニキビ肌の改善にもつながります。
美容鍼は刺す痛みもほぼ感じることなく、どんな肌質の人でも効果が期待できるという点でもおすすめ。

さらに美容鍼のメリットを挙げるなら、筋肉もゆるみ、肌が柔らかくなります。
そのため化粧品や薬の浸透もよくなるので、さらなる改善効果が期待できるのです。

慢性的なニキビから脱却したくていろいろ試してみたけれど、あまり効果が感じられないという方は、化粧品や薬に加えて美容鍼を受けることでこれまでにない美肌体験ができますよ!

まとめ

美容鍼はニキビの原因である自律神経や女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、ストレスや生理などで慢性的に繰り返すニキビに悩まされている人にもおすすめです。

そもそも、美容鍼は東洋医学の考え方のもと開発された治療法なので、漢方と同様、体のバランスを整えることで根本的な治療を目指すものです。

繰り返しできる慢性的なニキビに悩んでいる人は、美容鍼を試してみてはいかがでしょうか。

病院でニキビ治療が必要なときって、どの程度のニキビの状態のとき?

毎度こんにちは。
美容鍼の東京白山はりきゅう整骨院デンです。
前回のブログはいろいろな体の部位にできるニキビの特徴について投稿していきました。
体の場所ごとにできるニキビでお困りの方は是非参考にして下さい。

本日は病院でニキビ治療が必要なニキビの程度についてご説明していきます。

300x250

病院でニキビ治療が必要なときって、どの程度のニキビの状態のとき?

imgres

ニキビは一般的にはスキンケアや日常の生活習慣などで気をつけているうち治るものですが、時にひどくなってしまうこともあります。

この場合は、なるだけ早いうちに病院に行きましょう。おじいちゃんやおばあちゃんの中には「ニキビくらいで大げさな」と思う人もいるのですが、今の時代は違います。

ニキビは病院でも治療した方がいいものなのです。ではその状態とは、一体どんなものでしょうか。

胸にできるニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

1:紫ニキビになってしまった時

depression

まずは紫ニキビになってしまった時ですね。この紫ニキビとは、顔にできたニキビの中でも特に紫色の状態になってしまった時です。

これは白くポツッと出来た状態から更に赤くなり、膿を持ち、さらにそこからひどくなって紫色のような状態に見えることを指します。

こうなると、もうそこらの一般的なケアでは簡単に治ることはありません。この状態で病院に行くと、専用の外用薬や内服薬を使って治療することになります。

この段階ではまだ治療にそんなに大きな金額はかかりませんが、かなり長いこと根本的な治療を行っていくことになるでしょう。

紫にまでなってしまった以上、かなり長いこと丁寧に治療を行わないと、跡になったり黒ずんだ汚れのようなクレーターができてしまうことも少なくないのです。よく注意してケアを行っていきたいところですね。

生え際のニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

漢方薬も併用する

Various Chinese herbal medicine

また、体質的にできやすかったり悪化しやすい場合は、体質を改善するところから始める病院もあります。

この場合は漢方薬で肌の状態を改善させることになります。漢方はゆっくり穏やかに改善させますので、他のなんとなくの体調不良も改善できるでしょう。

どのみち、このくらい大きくひどい症状になってしまったら、なるだけ早いうちに病院に行くようにしたいところです。

潰したりこすったりするよりも、専門的なケアを必要とする段階なのです。

首にできるニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

2:顔全体にできてしまった時

148074496a6d496054953209131cddda

もうひとつはどうしようもないほど顔全体にできてしまった時も要注意です。

この時は特に、そのニキビが黄色くなったり赤くなってしまった場合は更に要注意でしょう。

この赤みや黄色いものになると、中に膿があったり炎症が起きていたりと、かなり危ない状態になります。

これを潰したり間違ったケアをしてしまうとクレーターや跡が残ってしまい、こうなると普通の治療ではなかなか治りにくくなります。

顔全体の場合は専門的にケアを行うことで改善していくこともあります。

特に顔全体の場合は肌荒れなどもひどく印象ダウンにつながりかねませんので、適切なケアを選べる段階でケアをしてもらったほうがいいでしょう。

大人ニキビを治す方法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

3:なかなか治らない時

imasia_10974743_M-004

そして、ニキビがなかなか治らない時も治療を受けたほうがいいかもしれません。

これは小さなつぶつぶの白いのがいくつもできたり、洗顔や保湿をしっかりしていてもなかなか治らない時ですね。

原因の一つが過度の皮脂の代謝、ということもあります。

これは皮脂の分泌が多い10代ならでは問題ということもあり、この場合は洗顔を間違った方向でやってしまうこともあります。

このため、そのような皮脂の分泌が多くても適切に対応すれば、ニキビも改善されるのです。

一方、おとなになって皮脂の分泌もそんなに活発ではない時に起こるのなら、他の可能性もあるでしょう。

これはたとえばスキンケアがあっていなかったりやり方を間違っている、あるいは思ったよりも敏感な肌でコスメを変える必要があるかもしれない、という時ですね。

このような場合、医師に相談するとニキビではなく肌荒れだと判断されることもあります。場合によってはドクターズコスメや敏感肌用コスメに買い換えてもいいでしょう。

白ニキビの原因はこちらの記事も参考にしてください。

 

4:クレーターやニキビ跡が気になる時は美容皮膚科も検討しよう

%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%8d%bc%e3%81%a6%e3%82%99%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%92%e3%82%99%e3%82%92%e6%b2%bb%e3%81%99%ef%bc%91%ef%bc%94

最後に、ニキビが跡になってしまった場合です。クレーターや赤みなどは、とてもすぐに治るものではありません。

もちろん気にしなければいいのですが、その一方で問題があり気になってしまうような場合は美容皮膚科を受診しましょう。

美容皮膚科とは、主に美容の観点からお肌の治療をしてくれる科です。

特徴的なのは扱っている方法で、レーザーやケミカルピーリング、光ケアなどによって跡を改善してくれます。

ただし、この方法は基本的に自由診療となっており、健康保険が使えず価格も高いところが多くなっています。ちょっとの小さな跡を消すだけでも数万円かかることは珍しくありません。

専門的なお薬を処方してくれるところもありますが、この場合でも自由診療となるので費用が高額になりがちです。

ただ、それでもニキビ跡が気になるのなら美容皮膚科は一つの方法です。

エステサロンとは違い、医学的に効果的だとされる方法を取り入れています。

ただ、絶対に行かなくてはいけないというものではなく、うまく隠せば必要のない場合も少なくありません。

どうしても気になる跡をお金をかけても治したいという場合、とても有効です。いろいろな病院がありますので、評判の良い所を探すといいでしょう。

鼻のニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にしてください。

 

まとめると

ニキビ跡になってしまうと、セフルケアでは限界があります。

インターネットなどで、評判の美容皮膚科さんで適切な治療を受けてみるのも1つの手段です。

費用の問題もありますが、ご自身の予算に応じて相談してみてはいかがでしょうか。

美容鍼の効果はニキビ・ニキビ跡・毛穴にとても有効です。

お肌のお悩みお気軽にどうぞ~

美容鍼の白山はりきゅう整骨院でしたー。

いろいろな体の部位にできるニキビの特徴について

毎度こんにちは。

美容鍼の東京白山はりきゅう整骨院デンです。

前回のブログはできてしまった夏のニキビの治療方法について投稿していきました。

この夏にできてしまったニキビでお困りの方は是非参考にして下さい。

本日はいろいろな体の部位にできるニキビの特徴についてご説明していきます。

300x250 

いろいろな体の部位にできるニキビの特徴について

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%81%ae%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%8d%bc%ef%bc%95

ニキビができる原因で、若い人から大人まで当てはまるものといえば、不規則な食生活があげられます。

油分の多い食事を不規則に摂取し続けると、体の調子を壊してしまいます。

また、不規則な生活からくる便秘や睡眠不足なども、ニキビの原因になります。

ニキビはできる部位によってそれぞれ特徴があり、ケア方法も異なります。

赤ニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

生え際のニキビ

gf1420360314x

生え際のニキビは、シャンプーのすすぎの腰や整髪料などの付着によって悪化するケースがあります。

そういった場合には、保湿や衛生管理に気をつけて、シャンプーのすすぎが十分かどうかを確認するとよいでしょう。

また、生え際に発生するにきびは、男性ホルモンの関与が大きいため、根本治療を目指す場合には、早めに皮膚科を受診、毛毛穴詰まりを誘発する男性ホルモンを抑制するホルモン療法を行うのが効果的です。

黒ニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

おでこのニキビ

h_present_02

おでこのニキビは、生え際と同様にシャンプーや整髪料の影響で悪化するケースがあり、また、男性ホルモンによる影響が強いと考えられます。

髪の毛の刺激で悪化するケースもあるため、前髪をあげて対策をとることも大事です。

Tゾーンにできるにきびは、角栓による毛穴詰まりで、悪化の要因は、内部に皮脂がたまりその皮脂に集まってきたアクネ菌が増殖して、炎症を起こしてしまいます。炎症が長期化すると、ニキビ跡が残る可能性が高くなってしまいます。

自分でできるスキンケアは、額に髪の毛が触れるを防ぎ、シャンプーやコンディショナーをしっかりと洗い落とすことが大事です。

黄色ニキビでお困りの方はこちらの記事も参考にして下さい。

 

赤く炎症を起こしている場合は?

imasia_10974743_M-004

もし、赤く炎症を起こして痛みをともなう場合には、皮膚科での治療が必要となってきます。一般的には、ステロイド軟膏で炎症を鎮め、毛穴の中にある皮脂やアクネ菌を排出させる治療を行います。

根本治療を目指す場合には、にきびの発生要因となる角栓発生を誘発する、男性ホルモンを抑制するホルモン療法を行うのが効果的です。

紫ニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

鼻のニキビ

how-to-get-rid-of-a-blind-pimple

鼻のニキビは、皮脂の分泌量が多い部位で、皮脂が詰まりやすいのが特徴です。顔にできるニキビの中でも、鼻は目立ちやすく炎症を起こしてしまう可能性も高いため、早期治療が肝心です。

大量に分泌された皮脂に集まってくるアクネ菌が住み着き、炎症が発生するケースが多いため、跡が残りやすくイチゴ鼻になってしまう可能性も高くなります。

そのため、悪化する前の白にきびの段階で、治療を行うことが大事です。

外部刺激によって、肌バリアがダメージを受けると、ニキビの発生率が高くなってしまうため、強い刺激を与えないことが大事です。

そのため、物理的な刺激を与えないように、洗顔をする際には、泡を転がすようにして優しく洗い流すことが大事です。

白ニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

皮膚科での治療

皮膚科での治療は、角栓による毛穴詰まりが起こりやすくなるため、異常角化を防ぐ根本治療を行います。

男性ホルモンが過剰に分泌されると角質が異常角化を起こすため、ホルモンバランスを調整して、体質を変えていくことが効果的な治療法といえます。

鼻のニキビでお困りの方はこちらの記事も参考にして下さい。

 

顎のニキビ

Benzagel-QandA-Popping-Pimples

顎ニキビは、汗腺が少ない部位なので、あまり汗をかくことはありませんが、皮脂線は多く存在しているため、皮脂詰まりを起こしやすく、悪化するケースも少なくありません。

ケア方法は、保湿ケアを行うことで、角質層に十分水分が行き渡り、毛穴の詰まりが起こる可能性が低くなります。

また、顎は手で触れる機会が多い場所なので、雑菌が持ち込まれやすいため、刺激を与えずに泡の力だけで洗顔する習慣をつけて、衛生的に保つことが大事です。

また、男性ホルモンの影響を受けやすい部位といえます。

医療機関の治療は、ステロイド剤や抗生物質を用いることが多く、ホルモン治療を行って角栓発生や皮脂過剰分泌を促す男性ホルモンを抑制して、肌質を改善させていきます。

頬のニキビでお困りの方はこちらの記事も参考にして下さい。

 

頬のニキビ

shutterstock_177332195

頬のニキビは、ホルモンバランスの乱れから起こることが多く、悪化すると非常に目立つ部分なので早期に治療を行うことが大事です。

両側にまんべんなく発生する場合には、ホルモンバランスの乱れや乾燥肌が原因であることが多いため、

規則正しい生活リズムや半身浴などのリラックス週間を取り入れることで、乱れたホルモンバランスを徐々に改善していくことができす。

ケミカルピーリングやレーザー治療などを医療機関で受ける人もいますが、特にピーリングは角質層を溶解して、肌バリアを破壊してしまいますから、肌の弱い人は止めておいた方がよいでしょう。

毛穴パックをする前にこちらの記事も参考にして下さい。

 

フェイスラインのニキビ

poppingpimple

フェイスラインのニキビは、角質層の水分が失われることで、肌バリアが崩れることが原因です。

Tゾーンにできる思春期ニキビと違って、Uゾーンにできる大人ニキビは、非常に治りが悪く、角質層の乾燥によってできる場合が多いため、皮脂を強引に落とすケアを行うと、どんどん悪化してしまいます。

大人ニキビのケアは、角質層の保湿とホルモンバランスの改善を行うことが大事です。

ニキビを針(鍼)で早く治す方法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

まとめると

このように、体の部位ごとに原因や特徴も違ってきますから、それぞれの症状にあった治療法やケア方法を行うことが大事です。

また体調を整えるために、規則正しい睡眠や食生活など日常生活を見直すことも重要なポイントです。

美容鍼の効果はニキビ・ニキビ跡・毛穴にとても有効です。

お肌のお悩みお気軽にどうぞ~

美容鍼の白山はりきゅう整骨院でしたー。

ニキビのできる部位に合わせたケア方法

毎度こんにちは。

美容鍼の東京白山はりきゅう整骨院デンです。

前回のブログは黄色ニキビになったらすぐに病院で診察を受けましょうとお伝えしました。

黄色ニキビになりかけの方は是非参考にして早期回復をして下さい。

さて、本日はニキビのできる場所の合わせたケア方法についてご説明していきます。

300x250

ニキビのできる部位に合わせたケア方法

ニキビを気にする女性

ニキビのできやすい部位は人により異なります。

ニキビは皮脂の多い部分にできやすいという特徴があるのですが、そもそもの原因は毛穴に剥がれた角質や埃といったゴミが詰まり、毛穴に蓋をされた状態になることで、これを面皰(またはコメド)と言います

面皰によって蓋をされた毛穴には本来外に出ていくべき皮脂がたまり、そこに皮脂が大好物のアクネ菌が繁殖してしまうと炎症を起こし赤いニキビとなります。

アクネ菌は常在菌として多くの人の皮膚に存在していますが、何もない状態でしたら悪さはしません。面皰周辺にたまった皮脂を目当てに繁殖し炎症を起こすのです。

ニキビはこのようにして発生するのですが、できやすい部位があるのは様々な理由があります。

肩にできるニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

場所ごとに違うニキビの原因

その1:おでこ・鼻

how-to-get-rid-of-a-blind-pimple

おでこや鼻といった皮脂の分泌が盛んな場所は元々ニキビができやすい部位と言えます。

そのため、10代の頃に出る思春期ニキビは、皮脂の分泌が盛んな時期であり、なおかつ成長段階で毛穴が未発達なために起こりやすいので、皮脂の分泌が多いおでこや鼻に出やすい特徴があります。

おでこや鼻にできやすいという人は、しっかりと毎日朝晩洗顔し、毛穴の中まで汚れを落とすケアが大切です。

このような皮脂分泌の多い所にニキビができやすいというのはわかるのですが、頬やフェイスラインには毛穴は少なく、皮脂の分泌も多くありませんが、大人ニキビができやすい部位です。

首にできるニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

その2:頬やフェイスライン

1405271top

頬やUゾーンにできやすい人はホルモンバランスの乱れが考えられます。

特に頬は本来は乾燥しやすい場所なのですが、男性ホルモン優位となると肌質が硬くなり角栓が発生しやすくなりますので、より毛穴が詰まりやすい状態になります。

また、乾燥肌の場合はバリア機能が低下しているので、ちょっとした刺激で肌荒れを起こしやすくなるので、その原因も考えられます

Uゾーンにできるニキビは生理前のホルモンの影響が大きく、生理2週間前あたりから黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が増えるのですが、プロゲステロンにより皮脂分泌が増える時期でもあります。

それにより、本来はあまり皮脂の多くないUゾーンも皮脂過多の状態となり、ニキビができやすくなります。

頬やUゾーンのケア方法としては、乾燥によるバリア機能低下を防ぐためにしっかりと保湿を行います。また、生理前には脂っこい食事を避けるなどと食生活の改善も効果的です。

また、睡眠をしっかり取るとホルモンバランスは安定しますので、規則正しい生活を送ることが改善につながります。

お尻のニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

顔以外にできるニキビ

背中のニキビ

ニキビができるのは顔だけではありません。

目立つので顔に意識が集中してしまいがちですが、実は顔と同じぐらい背中にもできやすいのです。

背中、特に肩甲骨付近に皮脂腺が集中しているので、肩甲骨と肩甲骨の間が最もできやすく、目に入らないこともあり、痛みを帯びるまで気づかないということも多い部位です。

背中ニキビの原因は顔と同じく毛穴に汚れが詰まることから始まります。そのため、適切なケア方法としては、しっかりと洗浄することです。

手が届きにくいので洗いづらい場所でもありますが、よく泡立てた石鹸でしっかりと洗浄することが最も有効的なケアとなります。

背中にできたニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

すすぎ残しも一つの原因

original

また、意外と多いのがシャンプーやリンスのすすぎ残しです。

おでこの肌荒れにもあることなのですが、シャンプーやリンスがちゃんとすすがれずに残ってしまうことで、それがトラブルを引き起こすことが多々あります。

そのため、シャワーのみの人の場合は、先に洗髪をしてから最後に体を洗うと背中ニキビが改善するということが多くみられます

背中の肩甲骨周辺のちょうど反対側、デコルテから胸にかけての位置もニキビができやすい部位です。

こちらは目に入る分、できたことには気づきやすいですが、顔ほどケアをされていない人が多いのが特徴です。

この位置にできるものも毛穴に汚れが詰まって起きるという点では顔にできるものと同じなのですが、顔はアクネ菌による炎症である一方、体はマラセチア菌というカビの一種により炎症を起こすことがわかっています。

赤ニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

バリア機能が低下している場合

ニキビを美容鍼で治したい

この部位にできる原因はホルモンバランスの乱れで肌のバリア機能が低下していることが考えられ、特に衣類の刺激により肌荒れを起こしていることが多くみられます。

不衛生な状態の衣類を着ることにより雑菌が移ってしまったり、化学繊維の摩擦が刺激となり肌にダメージが蓄積されるといったことも考えられます

この部位のケア方法としては、清潔な衣類を着ること、肌の弱い人は木綿など肌に優しい素材を選ぶこと、睡眠時間をしっかり確保してホルモンバランスの乱れを改善することがあげられます。

白ニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

まとめると

このように「ニキビ」と一言でいってもできる部位によって原因もケア方法も異なります。顔と体の違いに加えて、同じ顔であってもその部位によっても異なります。

せっかくケアをしてもそれが原因に則していないと苦労も無駄になってしまうので、しっかり理解して適切に行うことが大切です。

美容鍼の効果はニキビ・ニキビ跡・毛穴にとても有効です。

お肌のお悩みお気軽にどうぞ~

美容鍼の白山はりきゅう整骨院でしたー。

黄ニキビになったら、すぐに皮膚科に行きましょう

毎度こんにちは。

美容鍼の東京白山はりきゅう整骨院デンです。

前回のブログはにニキビ跡が出来てしまったら皮膚科さんに相談しましょうと投稿しました。

ニキビ跡でお困りの方は是非参考にして下さい。

本日は黄色ニキビができてしまった場合についてご説明していきます。

300x250

黄ニキビになったら、それは病気です!すぐに皮膚科に行きましょう

Female doctor talking to patient

ニキビができた、自己流ケアをしていたけれど悪化の一途をたどり、最終的に膿を持つ黄ニキビとなってしまうことがあります。

ニキビの原因は角栓にアクネ菌が繁殖して炎症を起こしたことですが、黄色く膿を持ってしまったのはさらに黄色ブドウ球菌も繁殖したからなのです。

こちらもアクネ菌同様、皮膚の常在菌としてなくてはならない存在ですが、増えすぎると逆に肌を攻撃することになるのです。

黄ニキビは膿を持っているのでとても痛いです。それに目立つので潰したくなる気持ちはわかりますが、絶対にしてはいけません。

年代別のニキビケアについてはこちらの記事も参考にして下さい。

 

クレーターや色素沈着を引き起こす前に

顔のシミを気にする女性

ニキビをつぶしてはいけないのは、皆さんご存知ですよね。

なぜなら、クレーター状の跡になったり、シミのように色素沈着する可能性が極めて高いからです。

指ではなく針で潰すなら後も残りにくいのではとおっしゃる方もいるかもしれません。

ただ、黄ニキビは炎症が肌の奥深くまで達している状態ですから、いくら針のような細いもので潰そうとしても結局はできずに、醜い傷跡が残る可能性が高いです。

それに潰した際に菌が入ってさらに膿んでしまっては大変ですから、自分で潰すのだけは絶対に避けましょう。

生え際にできるニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

早い段階で皮膚科で診察を受ける

それではどうしたらいいのでしょうか。ベストなのが皮膚科を受診することです。ニキビというのは実は尋常性ざ瘡といった名前のあるれっきとした皮膚病の一種です。

病気になったら専門の病院にかかるのと同様、ニキビも皮膚科という専門の医療機関にかかるべきなのです。皮膚科であれば専門医によってそれぞれの症状を判断し、適切な治療を施してもらえます。

ただ、保険適用の一般の皮膚科では治療内容に限界があります。多くの場合、内服薬で炎症を抑えて炎症が治まったら外用薬で対処するというのがその方法です。

首にできるニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

早くキレイになりたいなら

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%81%ae%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%8d%bc%ef%bc%94

保険治療では時間がかかる場合が多々あり、跡が残る可能性もあります。もっと早くきれいに治したいなら美容皮膚科という方法もあります。

こちらは病気やケガの治療が目的ではなく、審美目的、つまり美さの追求が名目なので健康保険が使えません。そのためそれなりの費用がかかりますが、その分最新の治療法など選択肢が広がります。

このようにニキビは病気なのですから、専門院で治療を受けるのがベストなのです。ただ、ニキビができやすいのでその都度行っていられないという方も多いでしょう。

いくら病気とは言っても保険診療でもお金はかかります。できればニキビ自体ができないように体質改善したいという方も多いでしょう。そんな方には生活習慣の見直しをおすすめします。

頬のニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

生活習慣を変えることから始める

%e7%be%8e%e5%ae%b9%e9%8d%bc%e3%81%ae%e6%9d%b1%e4%ba%ac%ef%bc%98

ニキビは他の病気と比べてその原因が多岐に及んでいるため、予防が難しいといわれます。ニキビ自体の原因は角栓へのアクネ菌の繁殖です。

アクネ菌は皮膚の常在菌だから取り除けないとして、角栓を作らなければいいのです。角栓とは毛穴に皮脂や古くなった角質などが詰まって固まった状態です。

ターンオーバーが正常であれば毛穴が詰まることはないですが、加齢やストレスなどで周期が乱れることで詰まることがあります。つまりニキビ予防にはターンオーバーを正常化するしかないのです。

肌の一番外側の角質は肌内部をダメージから守るためのバリア機能を果たします。そのため28日周期で新しい細胞に入れ替わっています。

ニキビやニキビ跡を早く治す方法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

角質の肥厚化が起っている

ただ、加齢やストレスなどでこの周期が乱れることがあり、その結果古い細胞が肌内部に残ったままとなり、それが毛穴に詰まって角栓化するわけです。

角栓化したものをピーリングなどで取り除く方法もありますが、肌に負担がかかりますし面倒です。そもそも角栓化しないような生活に改めるのがベストです。

健康的な生活習慣に正せばいいわけですが、全てをパーフェクトにするのは現実的ではありません。どうしてもやってもらいたいことは2つです。

食生活の改善と睡眠の質の向上です。毎日決まった時間に栄養バランスの取れた食事を摂ること、そして質の良い睡眠を毎日とること、この2つを守ればニキビのできにくい肌質に改善できるはずです。

紫ニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

外食は最低限にする

SONY DSC

できれば食事は自炊で豆類や魚、野菜などのヘルシーなものがいいですが、仕事の関係上外食が多いという方も多いでしょう。その場合、あまり気に病むとそれがストレスとなって逆効果の可能性があります。

外食は仕方ないとして、食べるものを選ぶといいわけです。できれば煮物中心の和定食にするとか、量が多かったり油っこかったりしたら残せばいいのです。

さらに飲み物はジュースではなくお茶にするなどの工夫をするといいでしょう。睡眠に関しては時間はあまり考えなくていいです。もちろん8時間睡眠が理想ですが、仕事や家事、育児、そして介護などでそんなに寝る時間がない方がほとんどでしょう。

そんな方でも大丈夫です。質を高めればいいのです。睡眠中には日中の疲れを癒して翌日に備えるために成長ホルモンが分泌されます。

それは睡眠中でも熟睡時により多く分泌されるといわれているので、熟睡できるような睡眠環境に整えるといいでしょう。

食事と睡眠を見直す、たったこれだけでもニキビができにくくなるかもしれません。

黄色ニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

まとめると

ニキビになってもなるべくなら皮膚科さんには行きたくないですよね。

日々の生活を少し変えるだけでも体質は変化し、ニキビは改善します。

特に睡眠の質はとても重要です。肌だけでなく、体をしっかりと休めると翌日スッキリし、仕事のパフォーマンスも上がります。

いつもより30分早く起きて筋トレするのも良いでしょう。

私は毎朝筋トレしています。おかげ様で体の調子は絶好調です。

美容鍼の効果はニキビ・ニキビ跡・毛穴にとても有効です。

お肌のお悩みお気軽にどうぞ~

美容鍼の白山はりきゅう整骨院でしたー。

肌質を知り、自分に合ったニキビケアをしましょう

毎度こんにちは。

美容鍼の東京白山はりきゅう整骨院デンです。

前回のブログはニキビケア商品は本当に効果があるのか投稿していきました。

ニキビケア商品を選ぶ際、お困りの時は是非参考にして下さい。

本日は肌質を知り、自分にあったニキビケアをしていくお話です。

300x250

肌質を知り、自分に合ったニキビケアをしましょう

normal

ニキビは思春期の10代に多くできるというイメージがありますが、実は皮膚の病気とされていて大人でも悩んでいる人は多いんです。

ニキビは放っておくと痕が残ってしまったりシミになってしまう恐れがあるので、早めのケア・予防対策が必要です。

そのためには、まず自分の肌質を知っておく必要があります。

肌質には大きく分けて、

脂性肌

乾燥肌

混合肌

敏感肌

アトピー肌

5つがあります。

ニキビがフェイスラインにできる原因はこちらの記事も参考にして下さい。

 

脂性肌と混合肌

popping-pimple-zit

この中でも特に聞き馴染みの薄い脂性肌と混合肌について説明すると、脂性肌とは皮脂が人よりも多く分泌される肌を指します。

これは、乾燥から皮膚を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されるような体質になっているからなんです。

もう一つの混合肌とは、皮脂が多く付着している脂性肌の特性と乾燥でカサカサ肌になっている乾燥肌の特性の両方を有する肌を指します。

こちらも原因は乾燥によるものが主となります。他の3つの肌質に関しても共通しているのは乾燥です。

つまり、ニキビができやすい人の肌は何らかの原因によって肌が乾燥して水分が奪われている状態が続いているということです。

ニキビができる場所ごとの原因やケアの方法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

それぞれの肌質の特徴を知り、対策を打つ

how-to-get-rid-of-a-blind-pimple

しかし、肌質を知っただけではニキビ解消の解決策にはなりません。肌質を確認したら次はそれぞれの肌質に合ったニキビケアの仕方を学びましょう。

ニキビ跡や色素沈着を早く治す方法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

脂性肌の対策法

まずは脂性肌からです。脂性肌は肌のバリア機能が乾燥によって極端に低下してしまい、それによって皮脂が過剰分泌されている状態なので、まずは肌を保湿することが大事になってきます。

角質層にまでしっかりと水分が染み渡るように念入りに保湿する必要があります。そして、乾燥の他にもう一つの原因とされているのが男性ホルモンの過多です。

男性ホルモンが過剰に分泌されると皮脂も過剰分泌されてしまうので、気になっている人はホルモン治療が効果的です。

しかし、この肌質で最も気をつけなくてはならないポイントは「洗顔」なんです。

皮脂は肌を守る役目もあるため、ゴシゴシと強くこすりながら洗うと必要な皮脂まで洗い流してしまい肌が余計に乾燥してしまいます。

そうなると逆効果なので、肌に優しい洗顔料でしっかりと泡立てた状態で洗顔をするようにしましょう。

ニキビを針(鍼)で早く治す方法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

乾燥肌の対策法

slide07

次は乾燥肌ですが、実は顎や頬、口周りといったフェイスゾーンに多くできるため、この肌質が一番大人ニキビができやすい原因となっているんです。

根本的な原因は脂性肌とほぼ変わりはありませんが、脂性肌と違い皮脂が外に出られない状態となっているため内部で汚れが溜まってしまいニキビができてしまうんです。

毛穴が塞がってしまう要因は男性ホルモンの過剰分泌ですので、乾燥肌の人はまずホルモンバランスを整えることが重要になってきます。

ニキビが頬にできる原因はこちらの記事も参考にして下さい。

 

混合肌の対策法

混合肌は脂性肌と乾燥肌のどちらの特徴も持ち合わせるものなので、基本的なケアの仕方は上記のように保湿とホルモン治療です。

しかし、この肌質は思春期にTゾーンにできると大人になってUゾーンにニキビができやすくなる性質があるため、10代でできたと思ったらその段階で早めのケアを行う必要があります。

そうすることで、大人ニキビを予防することができるのです。

黄色ニキビの原因や治療法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

敏感肌の対策法

how-to-get-rid-of-blind-pimples

敏感肌は外部刺激に弱く、肌内部が乾燥して肌のターンオーバー周期が乱れてしまうことによって引き起こされます。

刺激に弱いので、強い洗顔料での洗顔は避け、アレルギー反応のように肌が赤くなってきたら早めに皮膚科へ受診することをオススメします。

また、こちらも女性ホルモンの低下が原因となっているのでホルモン治療も有効です。

胸にできるニキビの原因と対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

アトピー肌の対策法

最後はアトピー肌です。アトピー肌は要はアトピー性皮膚炎になっている状態なので、赤みが出て治らないようであったら皮膚科へ一度受診するのが好ましいです。

一度皮膚炎と診断された人は、病院と相談した上で正しいスキンケアを行う必要があります。またそれと同時に外部刺激をなるべく減らし、上記と同様に保湿を普段からしておくと良いでしょう。

皮膚炎は下手に自分流でケアをし続けると逆に悪化させてしまう恐れがあるので、なるべく専門家の意見を取り入れて治療するようにしてください。

ここまではあくまでもニキビができた後の解決策ですが、ニキビをできにくくさせるための予防法もあります。

肩にできるニキビの原因や対策法はこちらの記事も参考にして下さい。

 

まとめると

ニキビができる要因は日常生活ととても深いつながりがあります。例えば女性の場合は月経があるので、そのときはどうしてもホルモンバランスは乱れがちになります。

その時期になるとできやすくなるという人は、やはりホルモンバランスを調整する必要が出てきます。ではどのように整えれば良いのか、それは規則正しい生活を送るということです。

基本的にホルモンバランスが乱れる原因は不規則な食生活や睡眠不足、過剰なストレスからなる生活習慣の乱れなので、このサイクルを見直す必要があります。

その上で毎日の洗顔後の保湿を忘れずに行い、ニキビを潰さない、いじらないなどの基本的なことを守るようにしましょう。

これらの予防策・解決策を個々に行うのではなく同時並行で実践するのがベストです。

美容鍼の効果はニキビ・ニキビ跡・毛穴にとても有効です。

お肌のお悩みお気軽にどうぞ~

美容鍼の白山はりきゅう整骨院でしたー。